欧米人と日本人の違いは

欧米人と日本人との決定的な違い

海外に行くと日本人旅行者のひったくりや
強盗の被害が、中国人や韓国人より、多いと
言われています。

昨今のアジア人は欧米人から見て、日本人の区別は
簡単ではないとおもいます。

アジア人

事実、自分が見ても彼らがわかりづらいことが多いです。

意外な答え

答えは意外でした。
「日本人は後ろから見てもすぐに判別がつく」と
ありました。

それは
「日本人はいつも下を向いて歩いているから」
ということでした。

確かに、外を歩いているときに注意をして見ると
殆どの人がうつむき加減に顔をやや先の地面を
向いて歩いています。

ましてや、スマホを操作しながら歩いている若者も
多く、このことに拍車をかけているようです。

実は自分は猫背なんです。

だからと言って下ばかりを向いているわけでは
ないんですが、お世辞にもカッコがいいなんて
思われていません。

下向き

日本人独特の目を合わさなければ、挨拶もしないで
スーと通り抜けてしまう。

不得意なコミュニケーションがなせる業でしょうか。

 

2つのグループの研究

姿勢に関する研究で、ハーバード大学の
社会心理学者のカディ先生は

  • 堂々とした姿勢をとらせた被験者
  • 縮こまった姿勢をとらせた被験者

の2つのグループにそれぞれギャンブルをしてもらった。

その結果、前社のグループの方がより、リスクの高い
賭けに好んで出る結果が出たそうです。

また、堂々とした姿勢の被験者の唾液を調べると
「テストステロン」という決断力・積極性・攻撃性
負けず嫌いなどに関係するホルモンの増加がみられた

それだけでなく「コレチゾール」というストレスホルモンが
低下していた。

 

猫背やうつむき加減の姿勢を見ると決して、堂々として
いるようには見えません。

なんとなく、覇気がない弱々しい感じがしてきます

背筋をピンとして姿勢をシャンとするだけで、チャレンジ精神が出て
戦う気持ちも湧いてくるんですね。

 

空手では

自分は中学の時から空手を習ってました。
不思議と空手を練習しているときは、先生や先輩に注意されて
いるからでしょうか猫背になりません。

型や組手をするときに猫背はいただけませんもんね。

威風堂々とあごを引き、臍下丹田(へそ下3㎝)に力を入れ
おしりを締めて胸を張ります。

えー どのくらいやったのかって?

はい、割りばしの両端をしっかり持ってもらい
それをマッチ棒で割りました。

通常の家の天井は蹴れました。

拳ダコ(皮)とその下の骨がくっついてました。

みぞおちを突かれても大丈夫でした。
(先生に突かれたら駄目・ぶっ倒れます)

空手

何かの機会に記事にしようと思いますが
実は、「道場やぶりに先輩と行きました」

その結果は、ブログの記事に乗せます。

とにかく、胸を張る意識をもって、ポジティブな
気分をいっぱいに生活をしましょう。

 

今回は、下記の書籍からかなり抜粋しました。
参考:科学的に元気になる方法集めました(堀田秀吾著・明治大学教授)