仏教の教えのことばにある中道とは

仏教の教え中のことばの中道とは

仏教の経典はなんと5000冊以上あります。

何をするにも「努力」は大事ですね。

子供の頃から、親や学校でいわれてきました。

集中力を高めて、勉強もスポーツも趣味も一所懸命に
することで目的に近づきます。

と、刷り込まれてきました。

頑張って、頑張って、何とかレギュラーをつかもうと
野球やサッカー、バスケットなどのクラブに入り練習して
いる人は多いです。

しかし、上達も人それぞれで確実に実力が上がる人
なかなか実力が上がらない人がいます。

この努力というものは、この位やればよいとかいう
事はなく、同じ努力をしていても、人それぞれに
違うものです。


努力

 

仏教のお釈迦様のことば

仏教のお釈迦様のお弟子さんに「ソーナ」という
僧侶がいました。

ソーナはお釈迦様のお弟子さんの中でも精進第一と
言われるほどの、とてもまじめで修行に精を出していました。

しかし、いつまでたっても悟りが開けずに、こんなに
頑張っているのに、自分にはダメなのか、見込みがないならば
修行をやめてお釈迦様から去ろうかと悩んでしまいました。

お釈迦様はそんなソーナに

努力が過ぎても
「こんなに努力したのに」と
そこに執着が生まれる。

逆に緩めすぎると今度は厄介な
怠ける心が生まれてしまう。

琴の弦のように

  • 弦をあまりも強く張っていても
  • 反対に弦をゆるく張っていても

よい音は出ない。

弦の緩急をつけた、ちょうど良く張られているのが
よい音色を出すのだ。

「中道(ちゅうどう)」を行きなさいと諭されました。


お釈迦様

私たちは自分の今までやってきたことに対して
たいへんな執着を持ってしまいます。

仕事でもプライベートな時でも、自分が何かに心から
取り組んだら、そこそこの結果を求めるのが人間です。

その結果を求めるのに、準備をし何度も何度もそれに向かって
やるべきことを積み重ねてきたが、結果が悪かった。

そんな時には、誰しも

「一所懸命やったのに今までの努力は何だったのだ」
悪い結果が出たことで、自分がやった努力が、全くのムダ
だったと思ってしまいます。

努力は大事です。努力しなければ出来ないことは
たくさんあります。

でも、努力だけにホーカスして、努力にこだわると
「こんなにやったのに」とムダな努力ということに
なってしまいます。

  • もっと褒められてもいいのに
  • もっと認められてもいいのに

のように、いろいろな気持ちが出てきて
返って苦しみます。

 

こういう時に大切な事は、結果をどう受け止めるか
結果が出るまでの努力の工程がどうだったのかと
目線を結果までのプロセスの自分に向け、一所懸命
努力した自分に注目すればよいのではないでしょうか。

ムダな努力はありません。
ムダに思うも思わないも、ただ、自分の心次第です。

努力しながら、努力していることにこだわらない。
自然体でありたものですね。

如来

「中道」というのは、右と左、上と下、有と無、などの
両極端の真ん中に当たるものではない。

「二つの対立した極端にとらわれるな。さらに中(ちゅう)にも
とらわれるな」「本当に適切な、要点にピタッと当たるという
ことが必要である、と。

出典:東洋の心を語る・中道を歩む(仏教学者・東京大学名誉教授
中村元、仏教学者・駒澤大学名誉教授 奈良康明)

参考:ゆるすという禅の生き方(枡野俊明著)、NHK教育テレビ・「こころの時代」