集団行動が苦手な人に

集団の行動は苦手をなくそう

「一人でいた方が気が楽だ」
「集団で動くのは疲れる」
「なんか皆と馴染めないな」
集団で行動することは、こんなに疲れることかと
あなたは思ったことがありませんか。

学校に入り、日常の授業はもちろんのこと
遠足や運動会など集団での行動が多くなると
うんざりして馴染めなくなる時がありますね。


運動会

プライベートなら何をしようが、急に方向転向して
右から左に移行が気にしなくてよいのですが
集団でいると、そうはいきませんね。

人見知りをするタイプは特に大勢でいるより
一人になりたがります。

まあ、だれしも一度や二度はそんな経験も
しているかと思います。

今回は、集団行動での楽しむ方法を考えて見ました。

なぜ、集団行動が苦手なのか

    • 最初から、自分は集団でみんなと溶け込んで
      いくことができずに、浮いてしまう。
    • 自分は自分だと人に合わせることができなくなる。
    • 目立ちたがり屋の人は、個人行動をとってしまう。
    • 気配りをする人は、大人数の人に疲れてしまう。
      (つい、大丈夫かなと考えすぎてしまう)
    • 一人の時より、時間がかかりすぎてイライラする
      (時間の無駄と感じてしまう)
    • あまりにも価値観が違いすぎる
      (自分の意見が通らない)
    • 自分を出せないまま、精神的に参ってしまう
    • 論破型でみんなと、ついつい議論を重ねてしまう

集団行動のメリットは


グループ
  • なんと言っても大勢いますから、相談に
    乗ってくれるし、助けてくれます。
  • (壁にぶつかった時や解決策を一緒にしてくれます)
  • 集団での目的が同じになりモチベーションが湧く
  • 多くの価値観や考え方に遭遇し、自分を成長させる
    (いろいろな環境(職業)の人の話がきけます)
  • 大人数でいると周りから協調性などの評価が良い
    (職場でのコミュニケーション能力など)
  • 一人の時より寂しさが解消される
    (仲間との会話や同じ行動をして孤独感がなくなる)
  • 人の気持ちを理解しようとする
    (相談を受けたりして、真剣に相手の気持ちを考える)

 

 

これらを踏まえたうえで、

集団行動を楽しむために

  • 集団の全員でなくてよいので、信頼できる人を作る。
  • 人をよく見て、ひとりひとりの個性をみて考えを深める
  • 自分のポジションや役割を自覚する。
  • (みんなの役に立っている自分をみいだす)
    役に立つには得意な分野を活かす
    (盛り上げる、計画する、相談にのるなど)
  • 一人になる時間もつくり、自分を解放させる
  • 全員と合わすことは不可能です。
    (気を遣いすぎ無いようにする)

江戸時代の260年に及ぶ平和のなかで、お互いが
気持ちよく生きていくために、自己中心であっては
ならない。


江戸時代の長屋

江戸時代は町人の75%が「長屋」に住んでいた。
長屋は同じつくりの小さな家をつなげて、一棟と
していた。

薄い壁で、隣を気遣う必要があった。
長屋に住む人たちは、長屋を一つの家族として
皆で日本人の精神をつくってきました。

そこまでしようとは言わないまでも、原点である
「和」を尊重したいですね。

 

参考:Smartlog,happination