カタカナと日本語と外来語

カタカナと日本語と外来語とは

最近、TVや新聞・雑誌でますます横文字の
ことばやカタカナの表記が増えてきましたね。

何度聞いても意味不明に陥ってしまうのは
僕だけでしょうか。


カタカナ語

憶えるのに何か良い方法があるのか調べていたら

外来語は、細かく分けるといろいろとありますが
簡単に言うと中国経由で入ってきた漢字を使った
漢語は含まず、西洋諸言語の借用で洋語(ようご)
とも呼ばれている。

また、カタカナで表記することが多くカタカナ語
横書きで表記する言葉として日本に入ってきたので
横文字ととも呼ばれる。

 

外来語とカタカナ語

外来語:他の言語から借用し、自国語と同様に使用
するようになった語。借用語。
日本語では、広義には漢語も含まれるが、狭義には、
主として欧米諸国から入ってきた語をいう。
現在では一般に片仮名で表記される。
[補説]外来語と外国語との区別は主観的なもので、個人によって異なることがある。

カタカナ語:片仮名で表記される語。
主に外来語を指すが、和製英語についてもいう。

出典:デジタル大辞泉

つまり「外来語」は主に欧米諸国から入って
来た語で、自国語と同様に使用するように
なった語です。

「カタカナ語」は普通カタカナで表記される
語で、必ずしも日本語の中に同化して使われて
いる語ではない。

例えば:「ゴールイン」「スキンシップ」
「バックミラー」などの「和製英語(日本で
英語の単語をもとに、英語らしく作った語)」は
カタカナ語ではあっても厳密な意味で外来語とは
言えないことになる。

「ガイドライン」「コンソーシアム」「イン
バウンド」といった語は、日本語に同化している
とは思われないので、カタカナ語と考えられる。

出典:神永曉(国語辞典編集者)

そうですね、「ガイドライン」は「指針」
「コンソーシアム」は「共同事業体」
「インバウンド」は「訪日外国人旅行者」と
日本語で言われた方がわかりやすいですね。

 

日本語? 外来語?


和製英語、外来語

日本語だと思っていたのが、実は外来語だった

  • 「カッパ」ポルトガル語。
    16世紀に来日したキリスト教の宣教師が来ていた服。
    もともと袖がなく裾が広がっていたもの。
  • 「ズボン」フランス語でペチコートを指す言葉。
  • 「襦袢」和服の肌着の襦袢は、アラビア語⇒ポルト
    ガル語⇒日本語と伝わった。
    襦袢がアラビア語とは想像できない
  • 「ボタン」ポルトガル語の「botao」が由来。
    英語の「button」ではないんですね。
  • 「タバコ」スペイン語やポルトガル語の「tabaco」が
    由来だそうです。
  • 「瓦」サンスクリット語の「kapala」が語源。

日本語ではないんです。

  • 「簿記」ビックリします、英語の「bookkeeping」に
    音を合わせたそうです。
  • 「かるた」ポルトガル語が語源です。
  • 「お転婆」オランダ語の「ontembaar」が語源です。
  • 「画廊」「gallery」の音にあてた語と言われている。
  • 「ポン酢」オランダ語の「pons」が由来だそうです。
    まったくの日本語の響きですよね。
  • 「コンペイトウ」ポルトガル語の「confeito」が語源です。
  • 「イクラ」ロシア語で「魚の卵」の意味です。
  • 「ばってら」ポルトガル語で「小舟」を意味するそうです。
  • 「ハツ」焼き鳥のハツも、英語の「hearts」が語源。

日本料理でありながら、不思議ですね。

  • 「インテリ」ロシア語が元になっています。
  • 「ロボット」チェコの作家のかれる・チャペクの戯曲
    『R.U.R』に登場する『Robota』が語源です。
  • 「天ぷら」日本語ではないのですね。
    ポルトガル語の調理する「tempero」から。諸説あり
  • 「サボる」オランダ語の「sabot」です。
  • 「かぼちゃ」ポルトガル語が語源です。
  • 「カステラ」これは有名ですね、ポルトガル語です。

ヘーっと、驚くような言葉がありますね。
ポルトガル語やオランダ語から来ているものが多いですね。


わびさび

最近の大学生は、英語にあこがれているのか、
かっこいいと思っているのか、雑談の中でも
カタカナ語が多い。

インターネットの発展もカタカナ語が普及している
一因でもあり、留学を夢見て英語塾などに行く人も
増えている。

カタカナ語と日本語のずれが生じてきて、本当の
意味が伝わらないこともしばしばありますね。

何度も聞き直しするのも失礼かと思い、そのまま
聞き流すと結局何言っているのか理解できなくなる
ことが増えてきました。

カタカナ語がすべて悪いわけでなく、適材適所で
効果的に使うことは良いことです。

しかし、やたらと横文字ばかりだと、日本人特有の
「もののふ」「情緒」「わびさび」などの「感性」が
伝わらなくなります。横文字では表現できないのです。

まずは母国語を丹念に勉強し徹底的に内容を
豊富にし、それからにしてみてはいかがでしょう。

 

参考:WikipediaJK日本語どうでしょうjプログラム、国家の品格(藤原正彦著)