日本の扇子と今

扇子とうちわの今昔

日本には欠かすことのできない
扇子とうちわの文化があります。

今回は扇子編です

日本の扇子の歴史

扇子はいまから約1200年前の平安時代に
できたと言われてます。

「扇」という漢字が本来扉のことを意味し
そこから転じてうちわ(団扇)のことをいう
ようになった。

うちわは、古代エジプトの壁画にも、王様の
脇に大きな羽根うちわを掲げた図があったり
日本では利田遺跡(佐賀県)でうちわの絵が
出土した例がある。


うちわ

うちわにおいては、文明の発症時から存在するが
木の薄皮を重ねたり、紙を折りたたんで作る扇は
日本で発明されたものです。

最初に作られた扇子は、長さ30㎝の長さに
2~3㎝幅の薄い檜の板を重ねて作る檜扇
呼ばれるもので、奈良時代に発掘された。

 

日本扇子の原型

今と違って扇ぐことが役割ではなく、メモ帳として
したためたり、和歌を書いたり儀礼や贈答、コミュ
ニケーションの道具として用いられた。

その後、平安時代の中頃までに、木や竹の骨組みに
紙を貼った蝙蝠扇(かわほりあふぎ)が夏の扇として
あらわれました。

この、蝙蝠扇(かわほりあふぎ)は扇を広げると
蝙蝠の形に似ている。そして、これが現在一般の
扇子の原型とされている。

 

「源氏物語」や歴史書にも、扇子に和歌を書いて
贈ったり、花をのせて贈ったりしたことが記されている。

時代と共に公家や貴族、神職の階級の人から、江戸時代
には一般庶民の間にも広く普及した。


扇子

日本国内で発展した扇子は、鎌倉時代に中国に輸出され
シルクロードを渡りインドを経由し、遠くヨーロッパまで
伝わったと言われてます。

ルイ王朝社交界で扇子はアレンジされ、象牙やべっ甲を
骨とし、絹やレースを貼った洋扇子となり、やがて、
日本に逆輸入され、これから、絹や綿布を使用した
和風の絹扇子が生み出された。

国の伝統工芸品に指定

京都で作られる京扇子。

平安時代から作られている京扇子。
現在では、国内の扇子のシェアは90%以上を占めています。


京扇子

扇子の種類

  • 冬の扇・・主に儀礼用
  • 夏の扇・・涼を取ったり装飾が目的
  • 軍扇・・・その昔武将が戦場に携えた扇
  • 茶扇・・・茶道用
  • 舞扇・・・舞踊用
  • 能扇・・・能や狂言用
  • 香扇・・・香道用
  • 豆扇・・・人形や置物などの装飾用
  • 祝儀扇・・冠婚葬祭時の礼装用の小物として
  • 有職扇・・儀礼用 主に宮中や神社仏閣で用いる
  • 白檀扇・・涼を取ったり装飾が目的 白檀の香り
  • 檜扇・・・儀式や装飾
  • 鉄扇・・・親骨を鉄で作った護身用

出典参考:四季の美


   舞扇

現代でも活躍する扇子

落語では、あらゆるものに変化します
箸、筆、タバコ、徳利、杯、しゃもじ、刀、釣り竿
最近は、携帯電話にも大変身します。

そうそう、戸をたたく「トントン」という効果音。
噺家の隠語で扇子はと言われています

礼儀扇 笑う時に歯をみえないように口を隠す
フラメンコでは小道具としてアバニコと呼ばれる扇子を用いる

古くからの遊びで、扇子を投げて的を落とす「投扇興」がある
張扇 講談師が、調子取りと音を出すために、釈台を叩く

応援団が、扇子を持ち「必勝」などと調子を取る

まだまだ、活躍の場が多い扇子。
なんといっても「末広がり」で縁起が良く日本の伝統文化の
ひとつでもあります。

この夏は、絵柄を選んで颯爽とお過ごしください。

 

参考:四季の美Wikipedia日本文化いろは辞典Weblio