相好を崩すの読みと意味

2020年11月26日

相好を崩す=にこやかな表情になる

相好は、「そうごう」と読みます。
なかなか、「そうごう」とは読めないですね、
「そうこう」と呼んでしまいます。


笑顔

デジタル大辞泉によると「相好」とは

    1. 仏教語・仏の体にそなわっているすぐれた特徴。
      三十二相とさらに細かい美点である八十種好をいう。
    2. 顔かたち。表情

ということで、相好を崩すとは
にこやかになる、笑みがこぼれるなどの
意味になります。

相好を崩すの語源は

仏教から来ている言葉で「相好」仏様の美しく立派な
身体上の特徴を指す「三十二相八十種好」を略した
言葉であるとも言われている。

仏の三十二相とは

    1. 足の裏が平らで安定している。
    2. 手と足に法輪の模様がある。
    3. 指が繊細で長い。
    4. かかとが広い。
    5. 手足の指の間に水かきのようなものがある。
    6. 手足が柔らかく色が良い。
    7. 足の甲が亀のように形が良い。
    8. 足のすねが鹿のように繊細。
    9. 手が長い。
    10. 男根が目立たない。
    11. 身体の均整がとれている。
    12. 身体の毛が上向きに生え右旋している。
    13. よい香りを放ち輝く毛が生えている。
    14. 身体が金色である。
    15. 身体が輝いている。
    16. 皮膚が滑らかで柔らかい。
    17. 両手足肩・頭の肉付きバランスが良い。
    18. 脇腋が引き締まっている。
    19. 獅子のように威風堂々としている。
    20. 身体が広く端正である。
    21. 肩が丸みを持っている。
    22. 歯が四十本ある。
    23. 歯が白く揃っている。
    24. 白く鋭利な歯を持つ。
    25. ほほの肉が豊かで獅子のようである。
    26. 何でも最上の味を味わえる。
    27. 舌が大きく柔軟。
    28. 声が良い。
    29. 瞳が青い蓮華のような色。
    30. まつげが牛の眼のように揃っている。
    31. 頭の上が髪の毛を束ねたように盛り上がっている。
    32. 眉の間に白毫がある。

以上の通り「見てすぐわかる特徴」です。

随分細かく分けていると思っていたら「八十種好」
この三十二相をさらに細かく分けて表しているそうです。


相好を崩す

言葉の使い方としては、どちらかというと
日頃から、硬い顔をしている人が、顔を和らげて
微笑むようなイメージです。
例えば、

  • しかめっ面の上司の部長が、プロジェクトの受注を
    報告したら、その話を聞いたら相好を崩した
  • いつも恐そうな顔をしている祖父が、孫の顔を見ると
    途端に相好を崩した

「相好」の文字から判断するともっと難しいかと
思いきや、意外にもシンプルでわかりやすく
和みのあるホットな意味合いでよい言葉でした。

あなたもどこかで使いましょう。

 

参考:日本語ドリルオトナのコクゴWeblio