入梅の候 時期は

水無月(みなづき)なのに入梅

おかしなものですね、水が無い月と書いていて
しとしとピッちゃんの入梅の候です。

これは、新暦と旧暦の違いからと読み方の問題
が当てはまるようです。

旧暦の6月は、梅雨が明けた時期になるため新暦
当てはめて考えることは間違いなんです。


入梅

水無月の「無」は、神無月の「な」と同じように
「の」にあたる連対助詞「な」で、水がないわけ
でなく「水の月」という意味になる。

今年のカレンダーの6月10日に「入梅」と書か
れています。いつも何となく見てはいたものの
記してある意味は分かりませんでした。

 

入梅は2種類

調べてみると、入梅には2通りの意味があり、

  • 「気象学」から見る入梅
  • 「暦」からみる入梅

があります。

一般的には、気象学から見る入梅を指すことが多いです。
いわゆる、梅雨前線が北上し、その影響で雨が続く日が
始まること(梅雨入り)

 

暦から見る入梅は、太陽の黄経が80°に達する日
(太陽が天球上を通る経路(黄道)を等角に分割した座標。
特に春分点を座標ゼロとして360度に等分したものを言う)

出典:(太陽黄経詳細はこちら)Weblio

暦の入梅は雑節(ざっせつ)のひとつで、毎年の
6月11日頃になります。

入梅の定義は、一定していなかったものの農家にとって
梅雨入りの時期を知ることは田植えの日程を決めるのに
重要だった。

まったく気象には関係なく、天体の運行により決まり
雨が降る見込みがなくても、暦上で表示された日が
「入梅」となります。

この暦の入梅は、貞享暦1685年の時代から暦に
記載されるようになりました。


暦学上の入梅

いずれにしても、入梅は梅雨入りのことです。
入梅から約30日間が梅雨となります。

梅雨明けのことを「出梅 しゅつばい」とも言いますが
あまり使われてはいませんね。

 

梅雨の語源

梅雨の語源は諸説あります。
梅雨の時期は湿気が多くカビが生えやすいので「黴雨」
【ばいう】が転じて「梅雨」になったとか。

また、梅の実が熟すころだからとか、この時期は毎日
雨が降ることから「」を「梅」の字にあてたとか。

別名もたくさんあります・
五月雨(さみだれ):旧暦では5月ごろであることから
梅 霖(ばいりん):霖とは、長く降り続く雨の事です
麦 雨(ばくう) :麦が実る時期であることの由来
栗花落(ついり) :梅雨の季節に咲く栗の花が落ちてしまう

入梅いわし

梅雨の時期に獲れる真鰯(マイワシ)の事。
入梅鰯は産卵前で1年のうちでいちばん脂がのっていて
美味しいとされています。

青背魚の代表のいわしには、DHA(ドコサヘキサエン酸)や
EPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれていて、高脂
血症を改善する働きや血液を固まりにくくして動脈硬化を
防ぎ血液中の悪玉LDLコレステロールを減らす働きをします。

特に成長期の子供や骨粗鬆症などの方には、積極的に
食べるようにするとよいとのことです。

入梅時期になったら、「てるてる坊主」の歌を口ずさみ
ながら、てるてる坊主を作ってみてはいかがでしょう。


てるてる坊主

「明日天気にしておくれ」

 

参考:ジャパノート日本の行事・暦Wikipedia、魚の本(講談社)