後知恵バイアスは知らずに使ってますよ

2020年11月12日

後知恵バイアスは、多様な場面で使ってる

「あのとき、そうだと思っていたよ」
そうなんです
何か事が起きてから、まるで予測していたかのように
話す人が多いですね、これが
「後知恵バイアス」と呼ばれるものです。

 

ちょっとした失敗の時でも「だから言ったじゃない」
なんて言われたことは一度や二度、あなたもありませんか

後知恵バイアスは、非常に強力で、あなたにも誰にでも
どんな場面でもいつでも起こりやすいです。

 

何もかもがお見通し

サッカーの代表監督は、予選などで勝てなく、負けが
つづくとすぐに「この監督のやり方ではだめだ」という
マスコミからの突き上げにあい、報道され監督の交代論
まで出てくる始末です。


サッカー監督

しかし、何とか得点をあげてW杯の出場を勝ちとった時は
あれだけ厳しく意見を言っていたマスコミも名将と持ち上げ
ようになります。

このようなことはよく見られる現象です。
このマスコミの姿勢そのものが典型的な後知恵バイアス
かかっているといえます。

監督自体の選手起用や日頃の練習、コンディションなど
様々な条件が重ねあっていることなので、その時の事情を
考慮して監督は采配をふるっているんです。

勝ち負けだけにこだわりマスコミは監督のやり方よりも
勝てば名将、負ければ無能と書くだけなんです。

監督の指導方法が優秀であろうと後知恵バイアス
かかり、表現は結果に左右されてしまいます。

このように目に見えないプロセスを考えずに、
目に見える結果で、物事の良し悪しを判断してしまい
やすいのです。

人は誰しも結果論を考えるのが大好きだということです。

 

判断の誤り

夫婦喧嘩などの時でも、毎晩遅くまで飲んで帰って来る
旦那さんに、あきれたと奥さんお話を聞かされると、
私たちはついつい旦那さんを非難して、がまんしていた
奥さんの味方についてしまいます。


夫婦喧嘩

原因を「旦那さんが毎日飲んで遅く帰ってくる」だと聞か
されたことで奥さん側の味方に立ちやすくなることは
後知恵バイアスが働いた判断です。

確かに毎晩遅くまで飲んで帰ってくることは、よいこと
ではありませんし、健康にも悪いですね。

しかし、旦那さんが遅く帰ってくるのは、日頃から奥さんが
口うるさく生活費のことを言われるので、ストレスがたまり
それを発散させるのに飲んでしまうことかもしれません。

後知恵バイアスは、自分の知らない事情や、隠れたプロセスを
考えずに「毎日飲んで帰宅が遅い」という要因だけに目を向けて
判断してしまいます。

プロセスを少しでも考慮すれば、判断の方法変わってきます。

過度に結果重視になると、失敗をしないように行動し、新しい
ことにチャレンジをしなくなる傾向になると言われてます。

結果に対して「だからいったのに」ということは簡単です。
日常的に、後知恵バイアスが起こることを知り、よく理解して
自分の判断が、結果重視になっていないかプロセスを考えたか
を意識しましょう。

現代人は時間がなく、結果を急いでしまう傾向があります
当事者の意識に立ち本質を見極め正当な評価をするように
心掛けましょうね。

参考:BEAVE ANSWER後知恵バイアス資本主義社会で生きるために