傘の歴史、日本では

和傘の歴史

日本書記に中国から552年に欽明天皇に
献上されたと書かれている。

主に日よけ用の「日傘」として使われていたが、
日本独自の構造の進化で、雨の降水にに対して
使われていくことが多くなった。

当初から「唐傘 からかさ」と呼ばれ、江戸時代に
竹細工や和紙の技術の進歩とともに和傘がつくられた

和傘の種類

  • 「番傘 ばんがさ」
  • 「蛇の目傘 じゃのめがさ」
  • 「端折笠 つまおれがさ」

などの種類があり、蛇の目傘は
上からみると蛇の目模様に見えるようにしたもの。


蛇の目傘

和傘の骨は洋傘が数本に対し、数十本の骨が用いられ
竹で造られた骨が、竹の力で骨と張られた和紙を支える
構造になっているからです。

傘を専門に制作する唐傘職人があらわれ、江戸時代には
広く普及するようになった。

元禄年間からは、僧侶や医者たちにも使われるようになり
歌舞伎の小道具や「名所江戸百景」には町人が夕立に会い
傘をすぼめて急ぐ姿が生き生きと描かれていて、生活必需
として普及していた。

しかし、明治時代以後になると洋傘の普及で和傘は急速に
利用されなくなった。

洋傘の歴史

傘が使われ始めたのは約4000年前と言われエジプトや
ペルシャの壁画に残されている。


洋傘

傘が一般的に使われだしたのは、古代ギリシャ時代
貴婦人たちが日傘を従者に持たせて歩いていた。

その頃の傘は開いたままで、すぼめることはできなかった

  • 13世紀にイタリアで開閉式の傘が作られたとされる。
  • 17世紀にフランスでは、町中で2階から投げ捨てられる
    汚物を避けるのに女性には傘が必需品だった。
  • 18世紀ごろにイギリスで現在の構造のものが開発されたが
    日傘」として開発されたため、雨の日には濡れていた。

しかし、やがて時が経ちイギリスの男性も使うようになった。

洋傘の普及で、折り畳み傘ジャンプ傘ビニール傘などが
大いに普及した。

折り畳み傘

骨の部分が2つに曲がり、中棒も半分に収まり折り畳める
ようになってる。ドイツ人が発案し特許取得していた。

ジャンプ傘

傘を開くときに骨の受け骨がバネの力で開く構造。
最近では閉じるときも自動でできる傘もあります。

ビニール傘

傘布にビニールを使用した。
日本はビニール傘消費量が世界一です。

日本で開発され作られたビニール傘は、もともと傘に対しての
思いが違うヨーロッパやアメリカなどに斬新に映ったのか飛ぶ
ように売れた。

今では、コンビニなどでも売られ、なんと毎年6000万本~
7000万本のビニール傘が販売されている。

洋傘の輸入数量は1億2900万本になり、そのうちの
99%は中国からの輸入です。

もはや、傘のほとんどは中国に頼らざるを得ないのが現状です。

近年では若年層を中心として、降水確率が低い天気の時に携帯
していた、折り畳み傘を持ち歩くことが少なくなり折り畳み傘
需要は減少している。

雨の時には必需品の傘ですが、様々な危険を伴う時があります
持ち歩きの時には、傘を前後に振ると後ろの人に傘の先端が
当たる場合があります。

自転車のハンドルなどに傘をかけて走っている人を見ますが
何かの拍子に傘が車輪に巻き込まれて転倒する事があります。

また、傘をさしている同士がすれ違う時には、昔から言われる
「傘かしげ」をしてお互いに注意しましょう。


傘かしげ

傘は、雨が上がると「忘れ傘」となり、忘れ物の上位にいます。
急に雨が降ると盗まれやすいものの代表になります。

傘を貴重品と考えない人がほとんどと言われる現代は、急な
雨で購入した物の、持ち歩くのが不便であったり、自分の
所有している傘が多かったりして、駅の改札付近やバス停の
柵などにかけてし遺棄してしまう人が多い。

一番注意しなくてはいけないのは、大人が傘をたたむときなど
平行に持つと傘の先が子供の顔の位置になり、非常に危険です
必ず「U字部分の手元を持ち、傘の先端が地面の方向に向かう
ように持つ」ことが大事です。是非、意識してやりましょう。

雨の日も、少しだけ思いを巡らせて危険を回避し、
心地よく過ごすようにしましょう。

 

参考:Wikipediaわごころ、