カヤック・カヌー・ボート

カヤック・カヌー・ボートは舟です

カヤックとカヌーの違いは、こぐ道具のパドル(櫂)
の違いです。

パドルは水中に入れて水をかく平らな部分のブレード
が片側1つものを「シングル・ブレード・パドル」と
いい、これを使用しているのがカヌーです。

そのブレード部分が左右に水かきがついた「ダブル・
ブレード・バドル」を使うのがカヤックです。


カヤックとカヌー

カヌーは基本的にオープンデッキを指し、カヤックは
基本的にクローズデッキとなっています。

ボートは、ご存知のようにオール(櫓 ろ)が舟の側面に
取り付けていて、カヌーカヤックは取り付けていません。

ボートは後ろ向きに進むのに対し、カヌー・カヤックは
前向きに進みます。

 

カヌー・カヤックの歴史

カヤックはアリューシャン諸島のエスキモーが狩りの
ために作った船が原型とされ、船の骨組みにアザラシ
の皮を張り、水の侵入を防いだ。

カヌーは「カナディアン・カヌー」と呼ばれカナダの
原住民が1本の木をくり抜いた丸木舟が原型で、主に
運搬が目的のため、たくさんの荷物が積めるように
オープンデッキになっている。

」は小型の手漕ぎなど、無動力のものを指します
」は大型で動力がついたものです。

  • 小型の船は「一艘(いっそう)」「二艘」などと数え
  • 大型の船(タンカーや客船など)は「一隻(いっせき)
    「二隻(にせき)」と数えます。
  • ヨットやボート、カヌーやカヤックなどの小型無動力は
    一艇(いってい)」「二艇(にてい)」と数えます。

何千年前の大昔から人々の移動手段や荷物の運搬、狩り
の道具として水をかき分け発達してきたカヌーです。

1936年の第11回ベルリンオリンピックに、初めて
正式種目として採用されました。


オリンピック

現在のカヤックは

軽量で強度の高い合成樹脂で成型したものが、使用者の
好みや体形に合わせた改造ができることで人気のようだ

レクレーションとしてカヌーを楽しむ人々のすそ野が
広がり、羽根田卓也選手がリオデジャネイロ5輪スロ
ーラムカナディアンシングルで日本人初の銅メダル
獲得したことにより、ますます人気がでているようです。

各地で体験できる海や川が結構あります。
体験をしたいことにフォーカスして
楽しんでみてはいかがでしょう


リバー・カヤック
  • シーカヤック(艇長は長く4~5m)
    文字通り、海で楽しみます。
    水面に近い目線で大海原を満喫しましょう。
  • リバーカヤック(艇長は短く2~3m)
    さまざまな川の流れに身を任し、ある時は穏やかに
    ある時は急流にテクニックを発揮する優越感を味わえます
  • ファンカヤック
    湖などの波や流れのない水面で、バドルで船を進める
    初心者にお勧めです。
  • フィッシングカヤック
    釣り竿やえさを積み込み、水上を移動しながら釣りを楽しめます。
  • クリアカヤック(スケルトンカヤック)
    透明な舟艇で、海上をういているように楽しめ、海中で泳ぐ
    魚たちや海底のサンゴ礁などを眺めながらのクルージングです
  • 2人乗りカヤック
    一人よりも二人でスピードを出して楽しめます。
    恋人同士なら呼吸を合わせてこぐと、さらに距離が縮みますよ。

カヌー・カヤックを楽しめる絶好スポット

参考:LIG,旅ぐるたびWeblioWikipedia