ギターの初心者になり練習を始めました

ギターの初心者になりました

20年ぶりにギターを手に持ちました。
うまくギターを抱えることができない。
さまになりません。

僕が中学生の時に兄がギターを買ってきました
思い出すとギターを初めて手にしたのは、その
時でした。

すぐにとりかかったわけでなく、兄も僕も最初
だけギター教則本とにらめっこしてやりましたが
すぐに練習はしなくなりました。

 

ザ・ビートルズ登場”!

1年ぐらいほったらかしにしていたギターですが
突然イギリスのロックバンド「ザ・ビートルズ
が衝撃のデビューをしました。


The Beatles

そのカッコよさにひかれ、ギターと取り組みました

毎日のように、練習をしました。
世の中はフォークソングロックバンド、ニュー
ミュージックが流れ、テレビもラジオも観て聴いて
ラジオのFM は録音をして何度も聞いていました。

なんとか、1曲2曲弾けるようになり、ギター
コードも F コードの音が出なかったのですが、
それを克服したら、ハイコードで曲の伴奏を弾く
事が出るようになったんです。


ギター Fコード

ちょうどその頃、日本のバンドがブームとなり
ますますギターが盛んになりました。

僕は少しクラシックギターもかじっていましたが
ギターを始めたころと同時期に空手も始めたので
「薪藁(まきわら)」をついて、手の皮がむけて
血が出るまでやっていたら、手の皮とその下の骨
がくっついてギターの繊細な指の動きはできなく
なりました。

そこで、ギターはピックをもってリズムを刻む
いわば、サイドギターの役になりました。

友達と4人(リードギター、サイドギター、ベース
ギター、ドラムス)でバンドを組み、ザ・ベンチャ
ーズのようなインストゥルメント曲(歌のない音楽)
やザ・ビートルズ曲や日本のロックバンドのザ・ブ
ルーコメッツのブルーシャトーなどの曲を130曲ほど
こなしていました。

 

当時は、いわゆるダンパ(ダンスパーティー)が
よく開かれていて、2バンドで40分おきに交代で
曲がだぶらないように演奏していました。

正直楽しかったです。それほどテクニックがあるわけ
でもないし、特別うまいとも思わなかったですが自分
達も楽しみました。

音楽の素質があるわけでもないし、音符はわからない
まま何とかなるものです。


アコースティックギター

ましてや、プロを目指そうなんて、これっぽっちも思わ
なかったです。

兄は結局ギターは弾けませんでした。
その兄の結婚が決まり、結婚式の披露宴で僕がギターを
演奏することになり、猛練習して、あの名曲の「禁じら
れた遊び」(結婚式の披露宴にどうっだったのかな)を
フラメンコ調にアレンジして演奏しました。

 

猛練習の成果

うまく演奏ができ、アンコールの声もかかりましたが、
その猛練習した「禁じられた遊び」の1曲しか弾けま
せんので時間の都合でということで何とか逃げ切りました。

ところで、音符が読めない僕がギターを弾けるように
なったのは、音符は5本線の楽譜があたりまえですが
ギターの楽譜には6本線の楽譜があったからです。

その6本線の楽譜のことを六線譜とは呼ばずに、ギターの
「タブ譜」(TAB譜)と呼びます。

タブは、タブラチュア(tablature)の略です。

6本線はギターの6本の弦を表していて、何番目の弦の
何番目のフレットを押さえるかを表記しています。

したがって、線が弦をあらわして、線の上に数字があり
その数字が何番目のフレットかを表しています。


TAB譜

だから、指板のどこを押さえたらよいのか、誰にでも
(譜面が読めなくても)わかります。

もう一つは、1本線の楽譜があります。
これは、コードとリズムが書いてあり、弾き語りの人が
良く使っています。

楽器により、表す楽譜も違うようで面白いですね。

まずまず、結婚披露宴の演奏はうまくいきました。
それからは、次回に取っておきますね。

 

 

参考:ギターの楽譜