猿山と動物園・・その2

猿山は人間社会と同じ

上野動物園のサル山は、生後3か月くらいで、
子ザル同士がいっしょに遊ぶようになります。

木登りやレスリングなどの遊びを通じて身体が
鍛えられて、ケンカをして負けたときの逃げ方
など、サル社会に必要なものを身につけていき
ます。


サル社会

もう少し大きくなると、サルの群れの規律を乱
す若いサルに、親以外の大人たちが注意をする
ようになり、群れのしつけは群れ全体で行い、
サルの群れ社会に順応していきます。

少し前の、日本も悪いことは悪い、ダメなこと
駄目と、どの大人もどの子供に対して教えて
いました。

残念なことに昨今では、そんなことがなくなり
ややもすると、変な大人が多いからと挨拶さえ
しない子供が多くなりました。

確かに、変な人が多くなりましたが、そこは子
どたちへ、その場合の対処をどうするべきかを
教えることが大事だと思います。

サルの社会を見て教えを見直すべきだと思います。

 

サル社会の教え

「サルは子供同士のあそびの中から、喜怒哀楽
などを覚えていくんです」と元飼育担当者はいっ
ています。

現代では、こわもてのうるさいおじさんがいなく
なり、寂しい限りですが、サル社会には今もそん
な頼もしい存在のサルが残っているのです。

そんなサルの社会を見に来るファンもいるようです

サル山の中で繰り広げるドラマを見に、スーツ姿の
サラリーマンが平日にもかかわらず、じっくりと
をしている光景もしばしば見受けられる。

会社の自分の姿をサル社会に投影しているのでしょうか

このサル山には、会社や家庭とは比べられないほど
厳しい「掟(おきて)」があるのです。

まず、権力闘争はこの岩山で何度となく壮絶なたたか
いがくりひろげられてきた。

約50年前の壮絶なクーデター劇は飼育員たちの語り
ぐさだそうです。

一夜にして政権交代が実現した「ニーロク事件」とは
当時のボスは女帝だった。そのお気に入りは「ペコン
という名前のオスザルです。

群れの中でやりたい放題をしていたが、他のオスたち
の我慢の限界が達して、翌朝、ペコンが傷だらけで見
つかった。

クーデターを率いたのはオスの「シサシ」だった。
「シサシ」は、ボスの座に納まり、女帝は失脚した。


ボスザル

ボスザル」と言えば、派閥の長を指す言葉でも使わ
れていましたが、上野動物園では「ボス」という呼称
は使っていない。

以前は、群れをなす中で統率力のあるサルがボスと
なっていたと考えられていました。

しかし、最近の生態研究から、野生では群れを統率す
る絶対的なサルはいないことが判明した。

ケンカは強いが、仲間のケンカ仲裁などの統率する行為
が見られない。いわゆるボスらしくないことは、サルの
習性ではなく、個性なのではないかとの見方から、動物
園では群れのトップのことをケンカが一番強いという意
味で「第一位」呼ぶようになった。

 

ユニークなサルの名前

サル山のサルには名前がついています
「サトイモ」「ダンジュウロウ」「アジ」「イヨカン」
「カクレンボ」「フクワライ」「プテラノドン」などと
変わった名前ばかりです。

名前の付け方は1970年にルールが統一されるまでは
バラバラだった。
サル山には常時30~40匹のサルがいます。

飼育員も名前を覚えるのも大変だったのでルールが決められた
年ごとにテーマを統一する。
血縁関係がわかるようにする。
(頭文字に、母ザルからもらった文字を使用する)
と決められた。

2002年のワールドカップの時は「サッカー用語」で
「ヨコパス」「カベパス」「レッドカード」など

変わった名前で、来園者により親しみを持ってもらえばと
いう狙いもあったそうです。

サル社会の特性や個性あふれるサルたちの生態を
ゆっくり眺めてみてはいかがでしょう。
何か感ずることがあるかもしれませんよ。

猿山と動物園・・その1

参考:読売新聞、