特急こだま登場

ビジネス特急「こだま」登場

1958年(昭和33年)11月1日 東海道本線
東京~大阪間を6時間50分で結ぶ
ビジネス特急」として登場したのです。

 

  • 下り第一こだまは
    東京発7時→ 横浜→ 名古屋→ 京都→ 大阪着13時50分
  • 下り第二こだまは
    東京発16時→ 神戸着23時20分
  • 上り第一こだまは
    神戸発6時30分→ 東京着13時50分
  • 上り第二こだまは
    大阪発16時→ 東京着22時50分
    というダイヤでした。

特急「こだま」

このこだまの登場で、東海道の日帰り出張が可能と
なったことで「ビジネス特急」と呼ばれました。

現地での滞在時間は約4時間であわただしいですが
それでもビジネスの時間として有効活用できます。

その前までは、東京~大阪間は、電化されていない
区間に差し掛かるたびに機関車を交換して走らなけ
ればならず、所要時間は8時間かかりました。

東海道本線が全線電化されたのは1956年で、こ
のあたりから日本の高度成長が始まったようです。

全線電化後は電気機関車が客車を牽引する「はと」
「つばめ」によって30分短縮された。

また、1956年のこの年から東京駅~下関駅・博多駅
間を東海道本線・山陽本線・鹿児島本線経由で運行
した、寝台特別急行列車の「あさかぜ」が登場した


あさかぜ・ブルートレイン

その後、あさかぜは「ブルートレイン」の先駆けと
なり、国鉄の花形列車として人気を集めた。

こだまは華麗なボンネットスタイルで人気を博した
151系です。

運転台を高い位置に設置し、全面部分をボンネット
スタイルにしたこの形は、半世紀を過ぎた現在でも
高い人気を誇っている。

このボンネットスタイルの151系を最初に使用した
列車がこだまであることから「こだま形」と呼ばれ
1964年(昭和39年)10月に東海道新幹線が開業す
るまで東海道本線のエースとして活躍をした。

また、ボンネットスタイルの車両は、改良を加えて
別の在来線で「とき」「あずさ」「あさま」などと
名前を変えて2011年まで特急として活躍をした。

♬明日私は旅に出ます ♬♪・狩人の「あずさ2号
でも有名になりましたね。


あずさ2号

「こだま」の名称

ビジネス特急の完成予想図が新聞に発表され、愛称
を一般から募った。

なんと応募の愛称の種類は2300種にもおよんだ

  • 1位は「はやぶさ」5,957票
  • 2位は「平和」1,027票
  • 3位は「さくら」692票

  • こだま」は374票でした。

最終の選考で、「こだま」は山彦のことであり
1日で行って帰ってこることができる」ことから
決定されている

1959年(昭和34年)7月31日在来線の特急こだま号
が、狭軌鉄道で世界最高速の163㎞を達成した。

そして、この日7月31日を「こだまの日」とした。
山彦のこだまではありません。
新幹線のこだまでもありません
特急のこだま号のことです。

 

参考:おすすめ情報館トレたびWikipedia