中秋の名月はいつになるのか

満月は満月でも「中秋の名月」とは

中秋の名月は旧暦の8月15日です。

現代の新暦で今年は、10月1日になります


中秋の名月

旧暦は太陰太陽暦のことで1年を3か月ごと
に分け「春夏秋冬」の四季があります。

  • 春:1月2月3月
  • 夏:4月5月6月
  • 秋:7月8月9月
  • 冬:10月11月12月

と分けられます。

それぞれの季節に属する月には初・中・晩
細分化されています。

初春とか中秋とか晩夏がありますね。

上記の通り、秋は7,8,9月です。
その秋の真ん中8月、その月の真ん中の日
なるのが8月15日で「中秋」と呼びます。

この日の晩に上がる月は必ず満月か満月に
近い丸い月が上がることから

中秋の名月=十五夜の月=満月

初秋は、空気が徐々に冷たくなり、空も高くなり
澄んだ秋空の中秋の夜に上る丸い月はとても綺麗で
中秋の名月」と呼ばれるようになり、それを観賞
する風習がうまれた。

旧暦と新暦は1~2か月のずれがありますが、現代
人はうまく使い分けながら利用し楽しんでいますね。

平安時代に中国から伝わった「望月モチヅキ」という月を見
る催しが貴族に浸透し観月の宴が催された。

やがて、農村を中心に庶民の間で行われていた収穫
と結びつき、収穫時期の最盛期に豊かな実りを象
徴として十五夜を観賞し、お供えものをして感謝し
祈りを捧げるようになりました。

 

中秋の名月のお供え物

秋は収穫時です畑ではお芋の収穫が盛んです

そのため、お芋をお供えすることもあり各地
で感謝の気持ちを込めて「芋名月」と呼ばれ
たりもします

現代では、お供え物はお団子ですが、里芋の
変形とされています。


月見・お供え物

三つの月見

ひとつは月見といえば最も有名な「中秋の名月
あまりにも有名なので他がかすんでしまうんです
が、広い地域で月見の風習が見られます。

二つ目は、旧暦9月13日に「十三夜」という月
見があります。

人月前の中秋の名月の月見に対し「後の月
と呼びます。

2020年の十三夜は10月29日です。

十三夜は十五夜とセットとされ、どちらもお祝い
をすることがよく、どちらか片方だけをお祝いす
ると「片月見」として嫌われます。

十五夜は中国や台湾、韓国にも見られますが
子の十三夜は日本だけのもので、別名「栗名
月」「豆名月」があります。

もちろん供物はその土地のくりであり、豆な
んでしょう。いかに土地の名産と密接に執り
行われたがうかがえます。

三つ目は、旧暦10月10日の「三の月」です
知る人は少ないと思いますが、長野県の北安曇
野群では「稲の月見」と呼び、この日はお月様
と案山子にお餅を一つ供えるだとか。

少しさみしい気がしますが、寒さに向かい月明
かりも乏しいことからでしょうか。

  • 中秋の名月・・・・旧暦8月15日
  • 後の月(十三夜)・旧暦9月13日
  • 三の月・・・・・・旧暦10月10日

また、日付から呼び方も変わります

      • 「十五夜の月」
      • 「十三夜の月」
      • 「十日夜の月」

    などです。

 

  • 団子と一緒に秋の七草を飾りましょう。

    秋の七草は、山上憶良(やまのうえのおくら)が詠んだ歌にちなんでいます。

    秋の野に 咲たる花を 指折り かき数ふれば 七種(ななくさ)の花 (万葉集)

    萩の花 尾花葛花 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(をみなえし) また藤袴 朝顔の花 (万葉集)

    ススキ(尾花)・クズ(葛花)・ナデシコ(瞿麦)・ハギ(萩)
    オミナエシ(姫部志)・フジバカマ(藤袴)・キキョウ(桔梗)

    秋の夜長を楽しむ月見は2020年10月は2回見れます。

    そうです、ブルームーンが見れますよ

    2020年10月2日と10月31日です。
    お楽しみにね。

     

    参考:lovegreen暦と天文の雑学Wikipediaこよみのページこよみ