頭のいい人の特徴はどういうことか

頭のいい人の特徴の誤解

副業が社会的に認められることになったり、
働き方改革で在宅勤務になったりで大きく
変化がみられる。

  • 「人生を根本から見直してみませんか」
  • 「会社に一生しがみついて人生を終わらせるのですか」
  • 「これからの世の中は目まぐるしく変化します」


    時代の変化

などなど「時代の変化」を盛んにいわれています。

本屋さんに行くと時代の転換を先取りしてか
教養」を取り上げた書籍が目につきます。

しかも、ここ数年でこの手の本が数十冊も刊行
されていて、それだけ人々に関心が集まってい
るということです。

その教養という言葉が流行るわけとは何でしょう

これからの世の中は「教養」がキーワードで「
れを身につければお金を稼げるから」と書いてあ
るから。

また、会社に一生いれば何とかなるという価値観
はなくなり、将来が不安で仕方ない。

各マスメディアは、現状の延長線では生きること
の難しさを説いていて不安材料が増加している。

 

文学研究者のエドワード・サイードは「頭のいい
人」は「知識人」と呼んで次のように定義してい
ます。


知識人

抜粋

知識人が、公衆に向けて(中略)メッセージなり
理想なり、姿勢なり哲学なり、意見なりを表象=
代弁したり、肉付けしたり、明晰に言語化できる
能力にめぐまれた個人であるということだ。

このことは、例えると「大学法学部卒業後、
大学の修士課程修了、外資系コンサルタント
後、現在は○○会社代表取締役」というプロ
フィールが、知識人ではないということです。

学歴や肩書で勝負する時代は終わった」と
主張する人たちのプロフィールも学歴や職歴
ばかりだったりして、がっかりします。

昔から言われ続けているけど政治家の世襲制
を見てもまさに、その通りです。

現代の社会では「特別の職歴や学歴を目の上
に置くべきではない」といいつつ、その考え
から脱却できないのが現状ですね。

ここ数年の出来事を振り返れば、まさに職歴
学歴は関係ないことがわかります。

灯台でのエリート官僚が公文書の改ざんをし
たり、統計を改ざんしたりしてます。

記憶がありませんとか、名簿は消去したとか
平然としてだれも責任を取りません。

しまいには、相手の認知能力のせいにして、
誤解だとして終わらせます。

一部上場の世界的企業も決算書の改ざんが
おこなわれていた。しかも一社だけではな
いのです。


正々堂々

もちろん、世の中に還元しながら正々堂々
職務をこなしている人は大勢います。
誤解のないようにお願いします。

 

さて、サイードがいう「知識人」とはどのよ
うに考えていたのか、

  • 完全に独立した状態ではないにせよ、なるべ
    独立した立場からものが言える人
  • アマチュア」の人が条件で、特定の専門家
    ではない
  • ここでいうアマチュアは「未熟」「素人」の
    解釈ではない。

サイードは、懐疑的意識に根差し、絶えず合
理的な探求と道徳判断と向かう活動ができる人

そして、先に引用した「知識人」であることが
必要です。

 

まとめ

  • 「頭のいい人」として「知識人」と呼んだ
  • 特定分野に精通している人でも、学歴、職歴
    などで評価される人でもない。
  • 「知識人」としてアマチュアを挙げ、専門家
    ではない誰もがその能力次第でなることがで
    きるとした。

いやーそれにしてもハードルは高いですね

  • 特定の権力に距離を置く
  • 論理と感情の両面から考える
  • それを多くの人にわかりやすく伝える言語能力
    が必要です。

あなたも挑戦してみてはいかがでしょう
道は険しいですが「知識人」になれます

 

参考:FUTURE知識人とは何か(北畑淳也著)