蛙化現象!片思いの人が好意を示してくれた途端に・・・

蛙化現象! 好きなってくれたのに

蛙化現象は女性の7割は経験したことがある
といわれている。

「片思いで、好きで好きで夢にも出てくる相
手が、好意を示され両想いになると途端に相
手のことが気持ち悪く思えたり、気持ちが冷
めてしまう現象
」のこと。

蛙化現象の由来ははグリム童話の「カエルの
王さま」だといわれています。


カエルの王さま

「カエルの王さま」あらすじ

ある国の王女が、森の泉に金の鞠を落としてしまう。そこへカエルが「自分を王女様のお友達にしてくれて、隣に座って同じ皿から食事を取って、あなたのベッドで寝かせてくれるのなら、拾ってきてあげよう」と申し出る。王女は条件をのむが鞠を取り戻せた途端、カエルを置き去りにして走って城へ帰ってしまう。

翌日王女が家族と夕食を取っていると、カエルが城に現れて王女に約束を守るように要求する。 王は王女から事情を訊き、約束を守るように命じる。王女が嫌々ながらもカエルと一緒に夕食をとった後、カエルは王女のベッドでの同衾を要求する。王女は恐怖と嫌悪から泣きながら拒むが、王の命令によって寝室へ行くこととなる。

王女は寝室の隅にカエルを置いて一人で寝てしまおうとするが、カエルは「自分をベッドに上げてください、さもないと王に言いつける」と抗議する。王女は腹を立て、罵りながらカエルを壁に叩きつけようとる。するとカエルの魔法が解け、立派な王子の姿に戻る。これまでの無礼を詫びた王の求婚を受け[要出典]、間もなく二人は仲良くなり、婚約をする。

しばらくして、王子の国から忠実な家来のハインリヒが馬車で迎えにやってくる。ハインリヒは王子がカエルになってしまった折、悲しみに胸が張り裂けそうだったので胸に3本の鉄の帯を巻き付けていたが、無事人に戻ることのできた王子と花嫁と共に祖国に戻る道中、鉄帯は喜びによって1本ずつ大きな音をたてて弾けて外れていく。

参考:吉原高志、吉原素子, 1993年.『グリム〈初版〉を読む』 

この童話では、嫌いだったが好きになるという
話ですが蛙化現象は、この逆で相手のことを
きだったけど嫌いになります

心理学用語一つにもなっている「蛙化現象」
が起こる要因はいろいろあるようです。

蛙化現象になる女性の共通点は

自分への評価が極端に低い
自分は愛されるの資格などない人間だと考え
てしまい、自分に好意を持つ人に気持ち悪い人
と認識してしまう。

恋に恋する・理想や幻想とのギャップ
片思いの時は理想な人だけど、現実には悪い
面も見えてきて、そのギャップが大きくなり
気持ちが冷めてしまう。

経験不足からの違和感
恋愛経験が少ないと、楽しいはずのデートも
手をつないだ時に「ドキドキ」ではなく「
し気持ち悪い」と違和感を覚え「好きでとき
めくと思ったのに」と気持ちが追いつかない
で苦しんでしまう。

蛙化現象は大恋愛前の通過点として自分と
向き合い、グループで異性との交流を通し
て場に慣れていく方法もいいかもしれません

信頼のおける友達や先輩に相談することも
おすすめです。

自分は克服できると考え、たまには休みを
とりながら蛙化現象を乗り越えて、素敵な
恋愛を楽しみましょう。

参考:LAURIER PRESSweblioEveEve