クッション言葉の例えをおぼえて使ってみよう

クッション言葉の例を活用

ハッキリと相手に断らなければ行けない場面や
あまりストレートに話すと、きつくなりそうな
言葉になるときがありますね。

そんな時は本題のの前に「クッション言葉」を
入れて使用すると柔らかな言葉となって伝わる
ようになります。


クッション言葉

また頼み事やお願い事をしたり、たずねるとき
などもクッション言葉を使うと相手への衝撃が
やわらぎ相手への思いやりにもつながります。

言いにくいことも言いやすくなります。

知らずにあなたもクッション言葉を使っていま
せんか。

例えば:
すみません」道を教えてくれませんか
ちょっといいですか」とお願いするとき
訪ねる時に無意識につかってますね。

日常的にもよく使われるクッション言葉を
まとめてみました。

シーン別クッション言葉

お願いをするとき:

  • 恐れ入りますが・恐縮ですが
  • お手数をおかけしますが
  • ご都合がよろしければ
  • ご面倒でなければ
  • もし、よろしければ
  • ご足労をおかけしますが


    お手数をおかけしますが

尋ねるとき:

  • 差しつかえなければ
  • 失礼ですが
  • よろしければ
  • ご迷惑でなければ
  • ご都合がよろしければ
  • つかぬことをお聞きしますが

断るとき:

  • あいにくですが
  • 申し訳ございませんが
  • 残念ですが
  • せっかくですが
  • 心苦しいのですが
  • お気持ちはありがたいのですが

反論するとき:

  • 申し上げにくいですが
  • お言葉を返すようですが
  • 失礼かとは存じますが
  • おっしゃることはわかりますが
  • 差し出がましいようですが
  • 無礼を承知で申し上げますが
  • 出過ぎたことを言うようですが

感謝や報告をするとき:

  • おかげさまで
  • ご心配かもしれませんが
  • 誠に勝手ながら

あやまるとき:

  • ご迷惑をおかけして
  • お待たせして
  • ご不便をおかけいたしますが
  • おっしゃるとおりですが
  • お手をわずらせますが

 

クッション言葉は日常でもビジネスシーンでも
多く使われています。


テレホンオペレータ

活用法を上手に間違わずに使い、昔から日本に
ある自分をへりくだった言い方で謙虚に相手と
接しましょう。

少し会話の時に意識して、その場の状況に合った
クッション言葉を使ってみましょう。

代表的な言い回し

  • お手数をおかけいたしますが、
    こちらにご記入をお願いいたします。
  • 恐れ入りますが、
    こちらでよろしいでしょうか
  • ご迷惑でなければ、
    この点について教えていただきたいのですが
  • おいそがしいところ申し訳ございませんが、
    少しお待ちいただくことになります
  • 早速ですが、
    本題に入ります。
  • おかげさまで、
    たくさんのお問い合わせがございます
  • 申し上げにくいのですが、
    本日が期限でございます。

接客用語とも言われるクッション言葉を
スムーズに使ってみましょう。

 

参考:セラピストプラス社会人の教科書Mayonezコールナビ