しっかり目を開けて夢を見よう

アーカイブ:2020年 10月

櫛・かんざしは日本の文化 いいっすね

櫛かんざしは日本文化日本の髪飾りと言えば、櫛(くし)、笄(こうがい)、簪(かんざし)です。本来の機能はもちろん時代や身分で多種多様な、日本の伝統的な装飾品です。素材は木、べっこう、象牙、瀬戸物、ガラス…

詳細を見る

鬼滅の刃の映画はPG12です。一応確認しましょう

鬼滅の刃の映画はPG12話題の人気漫画を映画化した「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は配給先の東宝によると公開初日から3日間で342万人を集め、46億円を超える記録的な興行収入をあげています。大正時代の日本…

詳細を見る

エスカレーターは怖いので気を付けよう

エスカレーターは怖い先日上りエスカレーターを降りると反対側の下りエスカレーターで降りようとしていた、おばあさんがエスカレーターに乗ることができずに往生していた。「どうしました、降りるのでしたら手伝いますよ」と声を…

詳細を見る

オノマトペの日本語をあなたも楽しんでますよ

オノマトペの日本語は楽しいあまり、なじみのない言葉に「オノマトペ」ということばがあります。オノマトペとは、さまざまな状態や動きなどを音で表現した言葉のこと。俗にいう擬音語(擬声語)、擬態語などのことを…

詳細を見る

雪虫はかわいい雪の妖精だが 春は知らない

雪虫は可愛い妖精だれが名付けたのか「雪虫・ゆきむし」は妖精のようにフワフワと粉雪のように飛びます。おもに北海道で見られる体長5㎜程で小さく全身が綿で包まれたように見えるアブラムシなのです。白いドレスを身につけ…

詳細を見る

嫌なことを忘れる方法の極意

嫌なことを忘れる方法良いことが続くことは少ない世の中ですね。嫌なことにも向き合って暮らしていかなければなりません。しかし、会社で上司に無理難題や理不尽なことを言われたりするとその日はずーとそのことを引きずって…

詳細を見る

鹿威(ししおどし)は  鳥獣をはらう道具だった 

ししおどしは鳥獣を追い払う道具竹の筒の中央付近に支店を設け、片方の先端を斜めに切り、そこに水を流し込みます竹筒に水が満杯になると、その重みで片方の頭がシーソーのように下がり水がこぼれて軽くなるその軽くなった竹筒が…

詳細を見る

衣替えのコツ とっておきの極意

衣替えの心得日本の季節行事に欠かせないのは衣替えです。なかなか億劫でつい先延ばし、してしまうあれです。しかも衣替えするときに貧乏性がばっちり現れ捨てようかどうしようか、もう1年留年させるかなどなどあなたも悩み…

詳細を見る

「もったいないお化け」つくも神とは

つくも神とは「陰陽雑記」という書物によると日本に伝わる作られてから百年たった道具には魂が宿り人の心を惑わすといいます。これが「つくも神」という妖怪です。簡単に言うと「もったいないお化け」のことでものを粗末にす…

詳細を見る

高級食パンの人気はいつまで続くのか

高級食パンの人気昨日、知人から人気ナンバー1の食パンらしいと食パン二斤をいただいた。自宅のそばに、パン屋さんがオープンして、少し並んで買ったようです。知人はあまりパンに詳しいわけでなく、周りの人に言われて並ん…

詳細を見る

コンテンツ

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031