カエルに注意の道路標識があるんだけど

「カエルに注意」の道路標識の裏には

危険をかえりみず道路を横断するヒキガエル
がいる。

そのヒキガエルをひかないようにと運転手に
呼びかけをしている道路標識です。


カエルに注意

めったに見ないので「なんだこれは」と標識
を眺めながら思ってしまう。

どうして、ヒキガエルは危険を冒してまで道
を横切ろうとするのだろう。

カエルのイメージは、水辺に住んで昆虫など
を食べて生活をしていると思っていたのに。

ヒキガエルはふだんは、森の中や草原などの
陸地に棲んでいる。

ただ、オタマジャクシの時は池などの水の中
でなければ生きてゆけない。

そのため、ヒキガエルは産卵のために遠く離
れた池を目指して移動をする。

ヒキガエルにとって森と池の二つの自然環境
がなければ生きてはゆけないということになる

池で生まれたヒキガエルは、オタマジャクシ
から子ガエルになると一斉に池から森の中へ
大移動する。


オタマジャクシ

そして、森の中で成長し大人になり、サケや
マスが自分の生まれた川を目指すように、ヒ
キガエルも自分の生まれた池を目指すのです

サケやマスの遡上(サケなどが流れをのぼっ
ていくこと)は、一生に一度の旅になるので
すがヒキガエルは毎年のように森とふるさと
の池を往復する。

ヒキガエルの寿命はハッキリとわからないが
10年以上ではないかといわれている。

ヒキガエルは、春の早い時期に冬眠から目覚
め、水辺にむかって歩き出す。

大移動は夜です。湿度が高く暖かい夜が、
ヒキガエルにの産卵に適応しているようです

不思議なことに満月の夜になるとヒキガエル
の産卵はピークになるといわれています。

古代中国で、満月にはヒキガエルが棲んでい
と信じられていたほどです。

ヒキガエルはカエルの仲間だが、昔は「蝦蟇
・ガマ」と呼んで「蛙」と区別していた。

蝦蟇の薬売り」の口上で有名ですね。


ガマの油売り

切り傷をガマの油を塗って治すあの油は馬油
(うまの油)のようでした。

ヒキガエルは動作は鈍く四肢も比較的短く
他のカエルのようにピョンピョンと跳ねること
はしない。

大きくなったその体を四つ足を動かして、のそ
のそと地面の上を歩いて移動する。

月明かりの下で地面をはうようにのそのそと歩
き回る蝦蟇の姿は不気味に見えるが神秘的でも
ある。

昔の人たちはそんなヒキガエルを見て地の果て
まで地面を這っていくのだと考えていた。

その姿に感動し万葉集にも詠まれるようになった

この照らす 日月の下は
天雲の 向伏す極み
谷ぐくの さ渡る極み きこしをす 国のまほらぞ

(山上憶良)ヤマノウエノオクラ

谷ぐく=ヒキガエル

歌の意味
「太陽と月が照らす下には、天の雲がたなびく
果てまでも、ヒキガエルが這い回る果てまでも
大君が納めている素晴しい国である」

ヒキガエルは実際に数十キロの距離を歩くとも
いわれている。


ヒキガエル

地の果てまで歩くという昔の人の話もまんざら
ではない気がします。

ましてや昔と今とでは雲泥の差がある道路事情
です。

いかに万葉の時代から受け継がれてきた儀式
はいえ、道路そのものがなくなったり、新しく
できたり、もちろん、そこには車が通るわけで
すから過酷そのものですね。

毎年、毎年、春の初めにヒキガエルたちは、池
を目指し、何代も、何十代、何千代もの長い間
祖先から受け継がれてきた森と池の生活をして
いるのです。

 

参考:wikipedia、生き物の死にざま(稲垣栄洋著)