動物とふれあい ペットセラピーで幸福感を感じられる

 

動物とふれあいでコミュニケーション

人間は人と触れ合うことでエネルギーをもらい
ます。

スキンシップがあればもっといいですね。

幼児の教育でも親子間のスキンシップの有無
子どもの性格に大きな影響を及ぼすことが知ら
れてますね。


スキンシップ

できれば、恋人やパートナー、子どもなどと、
存分にスキンシップを行うことで幸福度は増
すことができます。

しかし、「そんな人はいないよ」という人にお
すすめなのが、マッサージ店で指圧でも、整体
でも、アロママッサージでもうけることです。

マイアミ大学のフィールド教授らの研究によると

マッサージを受けることによってストレスに反応
して分泌されるコルチゾール31%低下する一方
セロトニンは28%増加する。意欲の向上に働く
ドーパミンも31%増加する。

ことが明らかになった。


マッサージ

このマッサージ効果でストレスを減らしやる気を
上げることができるというわけです。

女性は男性に比べてセロトニンの分泌量が少ない
ことがわかっています。

 

それでも、人との触れ合いは少ないし、ましてや
マッサージなどには行きたくないという人もいま
すよね。

また一人でいる方が、気楽だし、一人になりたい
という気分の時もあります。

しかし、生活が不規則になったり、人とのコミュ
ニケーションを取らなくなったりすると、さらに
セロトニンが出にくい環境になり悪循環を招きく
ことになります。

そこで、この現状を打破して環境の改善をするに
は、「動物とのふれあい」をしましょう。

猫やサルなどは、じゃれあったり毛づくろいをす
ることでお互いの親愛の情を確かめ合っています。

日本ではまだ一般的ではないのですが「アニマル
セラピー」という言葉があります。

アメリカではアニマル・アシステッド・アクティ
ビティーズ(AAA)。「ペットセラピー」、また
アニマル・アシステッド・セラピー(AAT)
ドッグセラピー」などさまざまに呼ばれ、積極
的に取り入れる医療現場も増えています。

フランスなどでは保険適用されることもあるそう
です。


ペットカフェ

ミズリー大学のジョンソンとメドーズの研究で、
19才~73才の被験者に犬とロボット犬のAIBO
をさわらせて血液を調べた

生きている犬に触れたときにはセロトニンの増加
が見られた。

ぎゃくにAIBOの場合は減少した。

最近は、猫カフェやペットショップでも触ら
せてくれるお店もあります。

また、最近ウサギカフェ、ハリネズミカフェ
フクロカフェ、豆柴カフェ、子犬カフェなど
動物カフェがあります。

僕も、子どもの頃から犬を飼ってました。

散歩は僕の役目(それが飼う条件でした)な
ので、朝晩、連れて歩きました。

当時は車も少なかったので、家の近くになる
とリードを放して帰りました。

そこには母親が作ってくれた犬のエサが待っ
ているから、それはそれは、矢のごとく走っ
てもどります。

犬の場合は猫と違い、決まった時間に散歩
して、決まった時間にエサをあげます。

セロトニンは日光を浴びることで分泌量が増
え、散歩の運動効果で環境が整います。

なんといっても、犬と一緒にいるいことで、
コミュニケーションが自然とできるように
なります。

昔から犬猫をペットにして暮らしてきた人間は
知らず知らずに「ペットに癒される」ことを実
感していたのでしょう。

今のマンションはペット禁止です。
できれば小型犬でも飼いたいです。

 

参考:科学的に元気になる方法(堀田秀吾著)、