衣替えのコツ とっておきの極意

衣替えの心得

日本の季節行事に欠かせないのは衣替えです。

なかなか億劫でつい先延ばし、してしまうあれ
です。

しかも衣替えするときに貧乏性がばっちり現れ
捨てようかどうしようか、もう1年留年させるか
などなどあなたも悩みませんか。


衣替え

衣替えは何を目安として行うのか、まず環境庁
のクールビズの期間が9月30日までとあります

必ずその日にしなければ、いけないということ
ではないのですが目安にはなりますね。

特に制服を着用している会社などは、10月1日
から冬服に変えて業務を開始する多いです。

日常の中では、やはり気温を気にして朝晩の冷
え込みや最低気温の変化で始めますね。

目安の一つとしては最低気温が20度を切ったら
始めるといいと言われてます。

また、TVのワイドショーやニュース番組のアナ
ウンサーやタレントさんなどが、着ている服が
秋服を着始めると、世間も秋服を着る人が増
てきます。

 

女性の場合と男性の場合は少し違うようですね

持っている量も女性の方が、だんぜん多くあり
カーディガンやロングぐベストなど羽織るもの
があります。


衣替え

重ね着として秋でも十分に着られます。

夏にしか着られないものや、夏しかはかない
サンダルなどをじょじょに片付けるとよいです

秋は短くすぐに冬服に変わるので、上手に重ね
着をコーディネートしたり、スカーフを利用
たりすると便利です。

秋の衣替えは少しずつ臨機応変にしましょう。

 

さて、男性の思い切った断捨離を考えますと

  • 衣替えの時には衣類を減らすことを考える

  • なくてはならないものだけを厳選しメインの
    クローゼットに出す

  • たんでしまう個所はなるべく1か所に絞る

ことを、意識して断捨離します。

引用:日刊ゲンダイ

 

僕も衣替えは悩む方でなかなか処分することが
できないたちなので、タンスの肥やしを減らす
ために極意を見つけました。

特に、自粛生活の入ってからは運動不足でメタボ
となり、ズボンがはけないけど、しっかりとした
スーツがクローゼットにかかってます。

そこで、見つけた極意

  • 5年以上前に買ったスーツは処分
  • 1年着なかった夏服(スーツ以外も)は処分
  • ウエストが入らないものはスーツごと処分

断捨離

そして究極な方法

  • どうしても迷ったらごみ袋に入れておく

これは、どうしようもなく迷った時の究極な
方法です。

その服をたたんでしまうのではなく、あえて
ぐしゃぐしゃにして丸めてごみ袋に入れる

いつでもすぐにポイと捨てられる状態にして
しまっておく。

もし、思いだしてまた着たいと思ったらアイ
ロンをかけるかクリーニングに出して着る。

1年間もごみ状態で置いておいたら、たぶん
そのまま捨てられると思います。

この考え方の意志を強く持って、迷わずに
衣替えを実行します。
あなたは、いかがでしょう。

 

 

参考:日刊ゲンダイDIAMONDHanakoママ