櫛・かんざしは日本の文化 いいっすね

櫛かんざしは日本文化

日本の髪飾りと言えば、櫛(くし)、笄
(こうがい)、簪(かんざし)です。

本来の機能はもちろん時代や身分で多種多様
な、日本の伝統的な装飾品です。


櫛・かんざし

素材は木、べっこう、象牙、瀬戸物、ガラス
水晶、水晶、金銀などそれぞれの特徴を生か
してつくられています。

加工技術も蒔絵、象嵌、彫刻、金銀細工
各時代のあらゆる美術工芸手法を駆使し、
その華麗さや繊細さは素晴らしいものがあ
ります。

櫛の歴史は古く、形は通常板状のものが多く
板の片方に等間隔の切れ込みがあります。

その切込みと切込みの間を「歯」と呼ぶ。

歯を備えた櫛は古代エジプトで既に広く使わ
れていた。

和櫛

日本では江戸時代中期以降に多彩な髪形が生
まれ、それにともない、櫛、かんざし、こう
がいなどの道具が発達した。


和櫛

日本ではつげ櫛が伝統的に高級品とされていた

また、古来、櫛は別れを招く呪力を持つものと
して扱われ、現代でも贈答品にしたり貸し借り
したりすることを嫌がる人は少なくない。

装身具として使われる櫛は、梳き櫛についで、
目が細かく歯の数は3cmあたり15~25本
程度です。

日本最古の櫛は約7000年前の佐賀県東名遺
跡のものとされています。

古代の櫛は占いや祈祷に使われていたようです

櫛は「苦死」とも呼べるので、落ちている櫛は
苦と死を拾う」という縁起が悪いので忌み嫌
うのですね。

簪・かんざし

素材が豊富で、髪をまとめるために使われてた
1本の棒が原点とされている。

江戸時代に入ってそれまではまっすぐに垂らし
ていた女性のヘアスタイルが「結い上げる髪型
になったため、その実用性から装飾的にも求め
られ発展した。

「簪」は中国で使用された髪留めを指す
和語のかんざしは、「髪挿し」に由来すると言わ
れている。

花を飾ったことから花を挿す・花挿し(かざし)
が変化したという説もあり。諸説あります。

 

かんざしの種類

簪は、季節ごとの花や取り合わせ、伝統に基づく
複雑な約束事など様々なかんざしが作られてきた

  • 玉かんざし
    もっともシンプルで1本の棒に丸い飾り玉が一つ
  • 平打ちかんざし
    平たい円状の飾りに1本か2本の足がついたもの
  • バチ型かんざし
    三味線のバチや銀杏の葉ににていることから
  • つまみかんざし
    小さく切った布を使って花を表現する。
    舞妓さんも挿す、花かんざしともいう。
  • ビラビラかんざし
    江戸時代に登場した未婚女性向けのかんざし
    本体から何本もの鎖が下がっていて蝶や鳥な
    どがその先に下がっている派手なもの。

その他にもたくさんな種類がります。


つまみかんざし

つまみかんざしと四季

ちょっと特殊なかんざしは、京都の舞妓や
東京の半玉がつける、つまみ簪(花簪)

舞妓がつける花簪は月ごとに変わり、四季
の移り変わりを表現し、舞妓の芸歴・趣味
を反映
している。

月ごとの飾り物です。

一月:「松竹梅」「羽子板」「糸車」「寒菊」
二月:「梅」「くす玉」「かざぐるま」
三月:「菜の花」「水仙」「桃」「牡丹」
四月:「桜」「五郎蝶」
五月:「藤」「あやめ」
六月:「柳」「紫陽花」
七月:「団扇」
八月:「ススキ」「朝顔」
九月:「桔梗」「萩」
十月:「菊」
十一月:「紅葉」「いちょう」
十二月:「まねき」「餅花」

となっています。

引用:Wikipedia

女性の特権ですね。
いろんな髪型にチャレンジして現代風な
髪飾りをしてもおしゃれです。

最近では洋風のかんざしも出ていて
楽しめますね。

櫛・かんざし美術館が東京の青梅にあります

 

参考:Wikipediaきものまち