おじ おば 漢字と意味がややこしい

おじ おば 漢字や意味

何度聞いてもわからなくなることがあります

今日は、定番のおじ、おばの漢字と意味を総
ざらいしてみました。

身内の結婚式などで久しぶりに会う親戚の人
さて、続き柄を忘れてしまって兄弟に聞きな
がらヒモを解くようなことがあります。


おじ・おば

おじのこと

伯父さん

叔父さん

がありますね。
どちらも自分の両親(父親・母親)の男兄弟
たちを言います。

  • 伯父さんは:
    自分の両親の兄弟のうちにあたる人のこと
    (伯父の伯は、年長の男性を尊敬する言葉です)
    お父さんのお兄さんのこと
    お母さんのお兄さんのこと
    お父さん・お母さんの姉の夫(伯母婿)のこと

 

  • 叔父さんは:
    自分の両親の兄弟のうちにあたる人のこと
    (叔父の叔は、細く小さいもののたとえ)

    お父さんの弟さんのこと
    お母さんの弟さんのこと
    お父さん・お母さんの妹の夫(叔母婿)のこと

 

シンプルに考えれば意外と覚えやすいですね

 

もう一つの「小父さん」があります。
これは、「伯父」でも「叔父」でもないけど
年長者に対して親しみを込めた表現で「おじ
さん」と呼びます。

「近所のおじさん」
「○○さん家のおじさん」
などの使い方になります。

 

おばさんのこと

伯母さん

叔母さん


おばさん

 

どちらも自分の両親(父親・母親)の男兄弟
たちを言います。

上記で説明した通り同じ意味あいです

  • 伯母さんは
    お父さんのお姉さんのこと
    お母さんのお姉さんのこと
     

    お父さん・お母さんの兄の奥さんのこと

 

  • 叔母さんは
    お父さんの妹さんのこと
    お母さんの妹さんのこと 

    お父さん・お母さんの弟の奥さんのこと

になります。

 

このように異なる漢字を使うのは、中国から
入ってきた儒教の考えが由来しています。

上下関係に厳しく、名前を大切にする習慣が
あり、日頃は名前をつかわずに呼称として、
「字・あざな」が名付けられたのです

大家族が多い中国では偉い順番が、年齢順に
きっちり分けられていました

最年長が「
二番目が「仲」
三番目が「
最年少は「季」

この文化が日本に入ってきて、
父親・母親よりも偉い(年上)の兄を「伯父
父親・母親よりも低い(年下)の弟を「叔父
と言いう漢字があてられました。


いとこ

大分整理がつきましたね、呼ぶときは同じな
ので、かまわないのですが、書く時は十分に
注意しましょう

最後に、これもよく出てくる「いとこ」のこ
とを軽くまとめました。

いとこは

自分から見て、両親の兄弟姉妹の子供のこと

従妹:年下で女性のいとこ
従弟:年下で男性のいとこ
従姉:年上で女性のいとこ
従兄:年上で男性のいとこ

従兄弟:男同士のいとこ
従姉妹:女同士のいとこ

従姉弟:男女同士のいとこ
従兄妹:男女同士のいとこ

と書きます。

日本語は難しいですね。
しっかり覚えて、正しく書くように
心がけましょう。

参考:知っ得袋Wikipedia違いはねっとtrans