「ゾーンに入る」ことで強力な集中力を出す方法

ゾーンに入るとは

漫画で人気の「黒子バスケ」でもよく出てく
る「ゾーンに入る」とは何でしょう。

「ゾーンとは」集中力が非常に高まり、周り
の景色や音、ほかの感情など完璧に排除され
自分の感覚だけが異常に研ぎすまされ、活動
に没頭している特殊な意識状態のことです。

その並外れた集中力で行動することで予想以
上の結果を出すことができる。

一流のスポーツ選手が「ゾーンにはいると
野球やテニスの選手は、ボールがスイカほど
の大きさに見えた

柔道や剣道などのスポーツでは相手の動きが
スローモーションのよう見えたり止まってい
るように感じたりする。

また、空をと飛んでいるような錯覚を感じて
疲れが出なかった。

とこのように異次元世界のようなことを発言
をしてますね。

このことを「ゾーン」とか「フロー」と呼ば
れています。

現代のスポーツ心理学の発達で、このような
現象が少しずつ解明されてきて、今ではこの
ゾーン状態やグロー状態に入る方法が明らか
にされてきてます。

このような現象は、スポーツ業界だけに起こ
る現象ではないのです。


ゾーンに入る

仕事や勉強、ダイエットなどあらゆる場面で
ゾーンに入ることはできるのです。

ゾーンに入るにはどのような方法があるのか
考えてみましょう。

  • リラックスして集中する
    スティーブ・ジョブズ氏が行っていたと言われ
    有名になった「マインドフルネス瞑想」のよう
    に深く静かに呼吸しながら、そこに意識を向け
    集中力を高める。
  • 目の前のことにフォーカスする
    過去や未来、後悔やマイナスな感情に意識を奪
    われることなく、今やるべきことだけにフォー
    カスすることが重要です。
  • ルーティンを活用する
    これからやろうとするプロセスにイメージして
    常に何をするかを意識してシンプルにステップ
    を明確にして行動を起こします。
    スポーツ選手はルーティンを上手に使い集中力
    を高めてます。例えばイチロー選手のように、
    バッターボックスに入る前に何回素振りして、
    バッターボックスに入ったら例のバットを相手
    に向けて立たせてましたね。
  • 準備も大事にする
    それと準備も大事だと思います。
    必要な道具や資料だったり、机の上は整理し、
    携帯電話はカバンの中にしまって音のならない
    ようにする。
    気が散ることを最初から排除しといて、徹底的
    に集中できる環境を整えておくことが大切です

まだあるかもしれませんが重要な部分だけは
しっかり押さえて練習を繰り返して、この、
ゾーンに入り最高のパフォーマンスを獲得で
きたらと自分に期待をして能力をアップさせ
てみましょう。

 

参考:マイナビニュースオンスクJPstudyhacker.net