くらげの不老不死は不思議

くらげの不老不死

水族館に行くと必ず”くらげ”がいる。

プカプカというかゆらゆらというか浮遊して
いるだけにこのようにも見えます。

よく眺めていると傘を開いたり閉じたりして
水槽の上の方に泳いでいたり、下の方へ移動
していたりして、それなりに活動をしている
ようだ。


クラゲ

まったく不思議で何を考えているだろうかと
こちらがおかしくなりそうです。

しかし、意外なところで有名ですね。

チャップリンの映画「ライムライト」の場面
に喜劇俳優のチャップリンが残した言葉です

生きることに絶望し、命を絶とうとした若き
バレリーナに主人公はこう語りかけた。

「生きていくことは美しく素晴しいことだ。
たとえ、クラゲであってもね」

これがよく知られる名言の元となったセリフ
です。

「クラゲだって生きがいはある」

という名言です。

生きることは素晴らしいこと。それはクラゲ
であっても変わらない。

生命にとっては、生きていること、その事が
美しく価値あることなのだ


チャップリン

生きがいを見失い自殺してしまうクラゲはお
そらくいない。

クラゲにとっては、生きていること自体が生
きがいなのです。

クラゲが地球に出現したのは5億年も前のこ
とです。

そんな昔から現代まであの形のまま生き抜い
てきたんですね。

生まれたばかりのクラゲは、プラヌラという
小さなプランクトンとして浮遊している。

そのプラヌラは岩などに付着すると、そこに
芽を出しポリプというイソギンチャクのよう
な生きものになる。

ポリプは動きまわることはなく、その場所
にじっとして定着して暮らすのです。

そしてポリプは分裂して増殖できる。まる
で植物のようだが、れっきとした動物です

やがてポリプはお椀が重なったような”スト
ロビラ”という形態に変化する。

そして、このお椀がバラバラに離れていくよ
うに次々に分身を作り出していく

このお椀のような分身がエフィラと呼ばれる
くらげの幼生なのです。

このクラゲの幼生のエフィラは、泳ぎながら
成長し、やがてクラゲとなります

このクラゲが体内で卵をかえして次の世代の
プラヌラを生み出します

プラヌラを生んだクラゲは死んでしまいます

このようにして、クラゲの生活史は永遠に繰
り返されているのです


クラゲの生活史

クラゲの成体の寿命は長くても1年程度です。

ところが、ビックリです。死ぬことのないク
ラゲが存在するのです。

それが、「ベニクラゲ」です。

ベニクラゲは、他のクラゲと変わらずに
プラヌラ⇒ポリプ⇒ストロビラ⇒エフィラ
となりクラゲとして成長します。

そして死を迎えるはずが、なんと死んだと
思われたベニクラゲは、不思議なことに、
小さく丸まって新たなポリプとなるんです

そして、再びポリプから生活史を再スター
トさせるのです。

これをなんとベニクラゲは繰り返します。

なんどでも繰り返し、不老不死で、もしか
したら古代からずっと生きているベニクラ
ゲがいるのではないかとも言われています


不老不死のベニクラゲ

もし、5億年も生きる事ができたら、どう
しますか。

そんなことも考えなくなりますね、だって
無限に時間はあるから急ぐとかやらなけれ
ばならないことは、いつかやればいいので
す。

何年何千年と生きてきたベニクラゲにとっ
ても天敵のウミガメには一瞬にして食べら
れてあっけなく死んでしまう。

寿命のないベニクラゲにとっても死とは、
表裏一体なのです

 

参考:生き物の死にざま(稲垣栄洋著)