刷り込みの効果と日本人は

刷り込みの効果と日本人

刷り込み」は、オーストリアの動物学者
コンラート・ローレンツ(1903~1989)
動物生態学に導入した言葉です。

ローレンツは雁のヒナが卵からかえって最初
に見たものを自分の保護者と考えてついて歩
くことを実証した。


この、親と信じてしまう現象を1937年に
ローレンツはこの現象が、まるでヒナの頭の
中に一瞬の出来事が印刷されたかのようだと
して「刷り込み」と名付けた。

それと似たようなことが人間社会にもある。

それぞれの文化には、その文化圏独特の「
本的な感じ方」がある。

それが大昔に「刷り込み」されたからと考え
られる。

アメリカの言語学者のエドワード・サピアは
各国の言語には理屈では説明できないさまざ
まな要素があるにもかかわらず、その構造を
頑固に持ち続けている。

それは、その言語が特定の地域に住む人々の
間で発生したときに「刷り込み」があったか
らだろうと考えている。

 

刷り込みは言語だけでない

日本人がしみじみと草むらや時には家の中ま
で入り込み、秋の到来を感じさせる虫の音も
欧米人にはただの雑音としか聞こえないとい
う。

こおろぎ

それも「刷り込み」のされ方が違ったからだ
ということです。

また、京都の竜安寺の石だけで創作されてい
庭の風情も、多くの欧米人には理解しがた
のではないだろう。

そのように日本人に「刷り込み」された最た
るものは何だろうか。

それは、神話と古代伝承だと言われている。

古代ギリシャにおいてもローマにも神話は、
あった。

しかしギリシャ神話はキリスト教やユダヤ教
イスラム教の到来とともに滅亡し、遠い神話
の世界となってしまったのです。

日本では現在でも神話は生き続けるのです。

近代的科学や歴史考証からは完全ではない
神話ですが「理解し得ないものの力」を感じ
日本独自の想像の世界に入り込み、次代にも
伝えていく。

ご存知「古事記」は、この世が混とんとして
いる状態であったとき葦が芽吹くように神々
が生まれたと始まっています

やがて、神代七代の最後に伊邪那岐命(いざ
なぎのみこと)が生まれ、伊邪那美命(いざ
なみのみこと)と結婚して夫婦となり、日本
という国を生んだ


国生み

淡路島、四国、隠岐島、九州、壱岐、対馬、
佐渡島、それに本州の八つの島で「国生み
(くにうみ)です。

しかし、大地が荒涼としていたため、海の神
山の神、木の神、土の神、風の神、水の神、
穀物の神などを生んだ。

そして、天照大神(あまてらすおおみかみ)
を生んだと記されています。

天照大神は、今でも伊勢神宮に祀られてい
ます。

神話の時代が現代まで続いているところに、
日本の特色があり、神話と古代伝承の世界が
今でも太古の時代と同じように生きている

民族的な「刷り込み」によることで、日本の
「強み」と言っても過言ではないと考えます

日本は島国であることから、特殊な日本だけ
の文明を築く事ができたのでしょう。

 

参考:日本人論(渡部曻一著)