ミノムシの季節でも意外と知らない世界です

ミノムシの季節

ガの幼虫で一般にはオオミノガ、チャミノガ
の幼虫を指す。

幼虫が作る巣が、ワラで作った雨具「蓑」と
形が似ているため「ミノムシ」と呼ばれる
うになった。


ミノムシ

ミノムシは別名「鬼の子」という。

ミノムシは鬼に捨てられた子どもで、粗末な
蓑(みの)を着せられているのだというのだ

そして秋風が吹く頃になったら迎えに来るか
ら、それまで待っているようにと鬼に言われ
たのだという。

そのため、秋風が吹く頃になるとミノムシは
父よ、父よ」と父親をしたってはかなげに
鳴くというのです。

ミノムシは実際には鳴きません。

昔の人はこおろぎの仲間のカンタンが木の上
で「チチヨ、チチヨ」と鳴くためミノムシが
鳴いていると勘違いをしていたのです。

僕が子供の頃にはとミノムシをとって遊んで
いるくらい、あちこちにありました。

最近は、外来種のヤドリバエが成虫であるオ
オミノガに寄生しが激減しているため絶滅危
惧種に選定されるようになってしまった。

不思議な生態

メスのオオミノガは一生を蓑の中ですごす。

蓑の中で産卵し、孵化し、孵化した幼虫は、
風に吹かれて分散し、たどり着いた木の枝や
葉の上で、口からはいた糸で葉や枝の表皮の
断片を素材に最初の蓑を作り出す

その後、ミノムシは体の成長に合わせて、蓑
素材の葉や枝の大きさを替えながら蓑を大き
くしていく。

こうして外の鳥に狙われることから身を守り
ミノムシにとって危険な寒さから守るために
内側には口から吐く白糸でフェルトのような
丈夫な蓑を作ります。

こうして身を守りながらミノムシは蓑の中か
ら時々身を出して、まわりの葉っぱを食べた
り上半身を出して移動したりしています。


ミノムシ

オスとメスの違い

オスのミノムシが成虫になるが口がないので
す。

不思議にエサを食べないのです。
ほかの栄養補給もしません

オスは成虫になると蓑の下から外に出てメス
を見つけ交尾しそのまま息絶えてしまいます

栄養補給がままならないので、メスにたどり
着く前に力つきてしまうものもいるようです

なんとも切ない、はかない一生でしょうか。

オスが切ない運命をたどっているが、なんと
メスもむなしい試練をあたえられています。

彼女たちは蓑から出ることなく、姿はオスと
違い羽も足もありません。

すなわち。動く事ができない構造になってい
て、ただひたすら臭いを発して、じっとオス
を待ち続けるのです。

ことよく交尾ができると、すぐに数千個の卵
を産んで静かに生涯を終えるのです

2~3週間たつと卵が孵化し、親のミノムシ
干からびて蓑の外へとおちて、ようやく蓑
の外に出るのです。

生まれたばかりの幼虫は、蓑の外に出て糸を
長く伸ばし垂れ下がり、風に揺られて新しい
木の枝や葉っぱに移っていきます


ミノムシ

ミノムシのメスは巣の中に生まれ生涯の大半
蓑の中で過ごし一生を終える

自分も小さな町の中でほとんどを過ごし、大
きく羽ばたくことはない。

会社と家庭とを中心にして、毎日を暮らして
いる。ミノムシのメスと同じようだ

それでもミノムシも自分も幸せならばいいの
ではないでしょうか。

 

みのむしの音をききにこよ草の庵 松尾芭蕉

蓑虫の父よと鳴きて母もなし  高浜虚子

 

 

参考:BUNAミノムシ、生き物のしにざま(稲垣栄洋著)、ホンシェルジュWikipedia