しっかり目を開けて夢を見よう

つじつまが合う・合わないの辻褄って何だ

つじつまが合う・合わない

「えー、どうも言っていることのつじつまが
あってないんだよな」

などの会話はよく聞きますね。

簡単にいうと「筋が通ってない」「道理に合
わない」「矛盾している」です。

言っていることとやっているとが違っていた
り、ついウソを言ったことで、またウソを重
ねてしまい話の内容が矛盾してしまうこと。


つじつま

つじつまを漢字で書くと「辻褄」です。

  • この「・つじ」とは裁縫で縫い目が十文字
    になるところです。
  • ・つま」は、着物のすそが左右に合う
    ころです。

ということで、合うべきところがきちんと
合う物事の道理がつじつまということです

 

つじつまの使い方

つじつまを使った慣用句には

  • つじつまが合う(話の筋道・理屈が通る)
    例えば、「それで辻褄があったね」
  • つじつまを合わせる(話に筋道が通るよう
    に、もっともらしく合わせる)などの使い方があります。

 

また同類語として

  • 頓珍漢・とんちんかん:
    物事のつじつまが合わないこと
    例えば「なにを頓珍漢なこと言っているの」
  • 平仄・ひょうそく」に合わない:
    つじつまが合わないの類義語
  • 話のつじつま
    話の筋道、前後関係が合っている様子
    などがあり、僕もよく使っています。

「何を、そんな頓珍漢なこと言ってるの」
「話のつじつまがまったくあってないよ」
「全くの矛盾だよ}

なんて、偉そうに言うことでもないですが。


矛盾

 

これに対して対義語

帳尻(ちょうじり)を合わせる」
帳尻とは、帳簿の最後のことを言い
収支の最終を計算したとこ。

最終的に物事の整合性を合わせること。

日常的に使っている言葉でも意味を理解して
話すと迫力も伝わり方も変わりますね。

 

参考:sutdy-zおとなのこくごweblio

関連記事

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930