回転レストランの銀座スカイラウンジが閉店

回転レストラン

回転レストランと言っても回転寿司のように
食材が回転しているわけではないですよ。

着席している座席のフロアがゆっくりした速
度で360度回転して、お客は展望を楽しみな
がら食事をするレストランです。

その老舗の有楽町駅前にある「銀座スカイレ
ストラン」が残念ですが閉店となる。


銀座スカイラウンジ

社会に勤め出してから何回も行きました。

デートの時だったり、自分への褒美をあげた
時だったり、友達と行ったり、特に地方出身
の友達には喜ばれました。

現在の1周は80分ですが当時は1周が60分
銀座を見渡しながら遠くは秩父連山や丹沢、
富士山までみることができました

僕のお気に入りは、東京駅を見下ろし新幹線
の発着が見えることでした。


新幹線の発着

ロングノーズの先端がゆっくり発進していく
さまは、遠望だけにHOゲージを走らせている
ような錯覚を覚えたものでした。

回り続けて55年、東日本大震災の直後の節電
時空を除けば、毎日、毎日回り続けてくれて
ました。

座ったままフロアが回り360度のパノラマを
楽しめる空間は各地で人気でした。

銀座スカイラウンジも交通会館の15階にあり
当時の銀座のビルの中では一番高いビルだった

しかし最近の周りのビルは、高層になり、おま
けに回転機械の老朽化がすすみ、経費削減など
で回転を止めざるを得ないようになりました。

 

回転レストランの歴史

古代では64年にローマ帝国のネロが建設した
殿ドムス・アウレアには、水力で回転する食堂
があり、その天井からは香水とバラの花びらが
降り注ぐ仕掛けになっているという。

1959年にドルトムントに建設されたテレビ塔・
フロリアンツルム(Florianturm)の展望台部分
に世界最初の回転式レストランが開店した。

1964年にウィーンに建てられた展望塔・ドナウ
ツルム(Donauturm)には2階建ての回転式レ
ストランが設けられた。

アメリカ合衆国での最初の回転レストランは
1961年にホノルルのアラモアナショッピング
センターのオフィス棟頂上部に設けられた
ラ・ロンド」とされる。

60年代から70年代にかけて現代的なレス
トランとして人気だった回転レストランも
次第に過去のものとなっていった。

修理やメンテナンスには相当の金額がかか
るため、回転営業をやめてしまったところ
も多い

日本の各地でも、リニューアルを機に回転
をやめたり、レストラン以外に利用される
ようになっていった。

百貨店の「そごう・西武」は、大宮(埼玉)
柏、船橋(千葉)、豊田(愛知)、奈良、
小倉(福岡)の6店舗で回転レストランを
営業していたが、現在は全て閉業し多くが
違う商業施設になった。

アメリカでは、1996年に開業したラスベガス
のカジノホテルであるストラトスフィア以後
新たな回転レストランはオープンしていない


ストラトスフィア

回転レストランはフロアにある円形のコア
(中心)の周りを、ドーナツ型のプラット
フォームが回転するという仕組みです。

日本全国で回転展望台を含む回転レストラン
約40軒あります。

その中でも、一度は回転を中止したものの
三重県鳥羽市の旅館「戸田家」のように
10年以上止まっていた回転をリニューアル
事業の一環として2017年に復活させ回転レ
ストランとして来館客を楽しませていると
ころもあります。

これで東京には回転レストランはなくなり
さびしくなりますね。

残念ですが環境の変化でやむを得ないです

思い出を作ってくれた回転レストランに
感謝します。ありがとう

 

参考:朝日新聞Wikipedia