漏刻(ろうこく)とは水時計のこと

漏刻(ろうこく)とは

漏刻とは、水時計のことです。

中国で発明・使用された水時計
管でつながった四つまたは三つの箱を階段上に並べ,
いちばん上の箱に水を満たし,順に流下して最後の
箱から流出する水を,矢を浮かべた容器に受け,矢の
高さから時刻を知る。
箱を並べるのは水の流出速度を一定にするためである。
古く日本に伝わり,《日本書紀》によれば天智10年
(671年)漏刻を置いたという。
大宝令では漏刻博士を置いて漏刻を管理させたが,
平安末期に漏刻も漏刻博士も絶えた。

出典:コトバンクより

水時計はかなり古くからあり原理としては
簡単でエジプトのバブロニアでは、紀元前
1400年頃には作られていたという。


漏刻

日本は中国から伝わったものとされる。

天智天皇が、その10年4月25日(現行歴の671
年6月10日)に漏刻を作り、新天文台に据え
鐘や鼓(つづみ)で時を報せたと日本書記に
記されている。

天智天皇を祀(まつ)る近江(おうみ)神宮では
毎年6月10日、時の記念日に漏刻祭が行われる

 

漏刻の仕組み

漏刻は、階段状に並べた複数の水槽を銅の細い
パイプでつなぎ、それを通って最下段の水槽に
たまる水の量で時を測る仕組みになっています


漏刻

しかし、当時は現代のように水道がある
わけではなく、水の中にゴミや不純物
どが入っていると導水管が詰まって水の
流れが一定に保たなくなる。

また、冬季は水が凍ってしまったり夜間
に活用するにあたり明かりをともし、
のための監視役も必要だった。

時間の誤差を防ぐために2つ以上の漏刻を
設置して比較したり、南中(太陽がちょう
ど真南にくること)時を知り修正をした。

結構てまひまがかかり、たいへんだったの
ですね。

 

矢が示す目盛り

矢が時を指す目盛りは、1昼夜を12に
分けて(12辰刻・しんこく)十二支の
名称で呼んだ。

ご存知のとおり

  • の刻:前日23時~午前1時」、
  • の刻:1時~3時」、
  • の刻:3時~5時」
  • の刻:5時~7時」
  • の刻:7時~9時」


    12支
  • の刻:9時~11時」
  • の刻:11時~13時」
  • の刻:13時~15時」
  • の刻:15時~17時」
  • の刻:17時~19時」
  • 「戌の刻:19時~21時」
  • の刻:21時~23時」

1辰刻(現代の2時間に相当)を4つの核
(4刻または4点)に分け、さらにその
1刻(現代の30分)を10に分けてい
たことが「延喜式」などの文献で知らさ
れます。

 

『延喜式』にはこの時刻制度によって季節ごとの日の出日の入り時刻
宮廷の諸門の開閉時刻、役人の出退勤時刻などが書かれており、
その基準は漏刻によって知られる時刻ですから、漏刻の目盛も
おそらく定時法で、1本に48の目盛を目盛って用いていたのでは
ないかと考えられます。
(100の目盛であったとか不定時法であったとかの説もあります
そして門の開閉時刻1辰刻ごと、1刻ごとに太鼓または鐘を鳴らして
時報を行ったわけです。

出典:近江神宮より

この12辰刻・48刻制で定時法による
時刻制度をはじめ、現在の時報でいう
3分刻みの正確さで測っていた

平安時代の文献には、日月食の時刻の
計算も行われていたと書かれている。

奈良時代に入って太宰府や多賀城、
各国府などにも漏刻が置かれていった
ことが文献に見え、平安時代の末まで
は使用されていたようですが、その後
律令体制の崩壊とともに徐々に廃絶
ていったようです。

これに合わせて6月10日は「時の記念日」
です。

 

参考:Wikipediaコトバンク近江神宮