極寒 マイナス40度になると

最低気温ー40℃以下

日本の気象庁観測史上記録的な最低気温は
1902年1月25日に北海道旭川で記録された
-41.0℃でした。

ドンナでしょうか想像もできませんね。
世界に目を向けると、やはりシベリア
東部のヤクーツクでしょうか

世界一寒い町と言われてます。

調べてみると世界一寒い村がありその中で
比べ物にならないほどの過酷な寒さの環境
で暮らしている人々がいるんです。

そこは、ヤクーツクから東へ約900キロ離
れた人口が500人ほどの集落オイミヤンコ
です。


ヤクーツクの人影

最近の寒波でマイナス-71.2℃を記録した。
なんと南極の平均気温のマイナス60度を
上回ってます。

ヤクーツクのような町化していないこと
のようで、いったいどんな生活なのか、
わかりません。

ヤクーツクでは人口28万人余りで、地面
は永久凍土です

そのため、ほとんどの建物は高床式にな
っています。

高床式にしない建物は、暖房の熱が建物
の下の永久凍土を解かし少しずつ沈下し
てしまうのです。

これから先は世界各地の記録を持つ町を
訪れているスティーブ・イウンカー氏
2013年の記録をもとに掲載します。


永久凍土

極寒地区のヤクーツクの人々の体や心が
社会生活にどのように影響を与えている
のかの調査です。

空港に出迎えてくれた滞在先の人が矢継
ぎ早に質問した。

  • 帽子は?」「あります」
  • マフラーは?」「あります」
  • ブーツは?」「あります」

タクシーを拾うのに外に出ただけなのに
そうまでしなければならないんです。

外に一歩でも出るときは入念にチェック
し、完全な準備が必要なのです。

地元の人たちは近所の家を頻繁に訪れ
数分間の滞在で「上着を脱ぎ、熱いお茶
を飲み、ジャムトーストをいただくと、
また、上着を着て外へ出ます]

寒さへの対処の休憩所のようです。

イウンカー氏も天気に合わせて時間管理
をして行動しなければならなかった。

なぜなら、持っているカメラは15分で撮
影できなくなる。
巻き上げ機構が凍り付いて、動かなくな
るからです。

町が濃い霧に覆われると、10メートル先
も見えない状態と町の中にあるあらゆる
ものをかき消してしまいます。

氷の世界の地元住民は毛皮に身を包み、
まるで神話に出てくる冒険者か幽霊の
ように見えてくる。

とのことでした。
世界で一番寒い村のことが少しわかり
ました。

 

世界で一番寒い定住地・オイミヤンコ

世界で最も寒い定住地」とされています。
1月の平均最低気温は-50℃
「寒い」ではなく「痛い」でしょうね。


オイミヤンコー58℃

極寒地の特徴

  • 極寒のオイミヤンコでは氷が全く解ける
    ことがないので、滑らないのだそうです
  • 洗濯物は外に干した瞬間に凍ってしまい
    衣類に含まれていた水分がすべて氷とな
    り霜になるため、その霜を払い落とせば
    凍ていることになるとのことです。
  • 極寒ゆえにウィルス菌も生きてはいけな
    い世界なんだとか。
  • 水道管は凍結をするので一切ないんです
    給水車が水を配給にくる。
  • トイレは臭くない。
    なんと排泄物も一瞬に凍るので空気中の
    臭いが漂う暇がないのだとか。
  • ここで暮らす人たちは寒さに順応した生
    きる術をもち、身体の代謝も活発で熱を
    生み出しやすくなっているんです。
  • このような極寒の環境の中で自然と人々
    のきずなが強くなって、困った人を救済
    しあう社会になっている。
  • 素晴らしい互助精神を持ったの世の中な
    んです。

すべてが凍る
オイミヤンコ

椎名誠さんの本から

ずいぶん前になるのですが、椎名誠さん
極寒のシベリアの旅の本を読んだ記事
を思い出しました。
それによると

  • 焚火をしていて、ちょうどよい温度のと
    ころはない。
  • 焚火の前に行くと熱いし、少し下がると
    メチャクチャ寒い。
  • インスタントラーメンができて、鍋から
    器に取り出した瞬間に凍ってしまう。
  • もちろん濡れたタオルも一瞬に凍る。
  • 当時の飛行機はマイナス40℃以上になる
    と飛べない。
  • 家の玄関は二重扉になっていて、扉を開
    けると煙のように蒸気がたつ。
  • 馬たちは、しばらく走りだすとその辺は
    もやもやと白くなり、馬は自分の息をあ
    びて白馬になる。

こんな様子だと記憶に残っています。

北海道に旅行に行ったときに流氷記念館
だったか、設定気温は覚えてませんが濡
れたタオルをもって室内でグルグル回し
たら30秒ぐらいでカチカチになったのを
経験しました。

1月25日は、「日本最低気温の日」だとか
極寒で暮らしている人々の絆を持った暮ら
が素晴らしいと思いました。

 

参考:RETRIPNATIONAL GEOGRPHIC