しっかり目を開けて夢を見よう

数の単位は多様性に富んでいる 手袋は何

数の単位は多様性です

「何」「何」「何」など数を表す
単位のことを助数詞といいます。

日本語の助数詞は多様性に富んでいて、
その数はなんと約500種類にも及ぶそう
です。

日本語独特の使い方が外国人には、なか
なか理解できないところでもあります。

例えば
1本:いっぽん
2本:にほん
3本:さんぼん
4本:よんほん
5本:ごほん
6本:ろっぽん
7本:ななほん
8本:はっぽん
9本:きゅうほん
10本:じっぽん

これを1回で覚えるのは至難のことですね
また、はっきりとした規則性があるわけで
もないので日本語の学習者泣かせです。

しかも、数が1とか2のときだけ、数ではな
く代わりの専用語を使うことがある。
例えば
(長男・次男、初級・初段、初校・再校)など

不規則なものでは

  • :1から9までつをつけ、10は「とお」と
      なり、10以上は「個」をつかう。
  • :1日は「ついたち」で2日から10日まで
      20日は「」です。14日は「じゅう
      よっか」ということがある。
  • :月名は「がつ」のみ、月数は「つき」か
      「箇月・かげつ」を使う。
  • :「ねん」を使う。4年、7年「よねん・し
      ちねん」を使い9年は「きゅうねん・くね
      ん」の両方がある。
  • :「ひとり・ふたり」があり、それ以外は
      「にん」を使う。
  • :「」を使う。3羽、1000羽「さんば・
      せんば」になる。


3羽

読みずらい助数詞の一覧を記しますが
読みは標準的な読みです。

  • アドバルーン:一本
  • あんどん:一張(はり)
  • イカ: 食品の読みは1杯(はい)、生物の読みは1匹(ひき)
  • 筏(いかだ):一枚
  • 囲炉裏(いろり):一基
  • 衣類:一枚・一着、組なったもの一揃い・一領
    重ねて畳んだ和服 一重(かさね)
  • 井戸:一本
  • ウサギ:一羽
  • 宴:一席(せき)、一献(こん)
  • うちわ:一柄(へい)
  • 馬:一頭・一匹、人が乗る一騎
  • エビ:一頭(かしら)・一尾(び)
  • 襟(えり):一掛(かけ)
  • お年玉:一封(ふう)
  • 帯:一条(じょう)・一筋(すじ)・一本
  • 鏡:一面(めん)
  • 鏡餅:一重(かさね)
  • 掛け軸:一軸(じく)・一幅(ふく)
  • 駕籠(かご):一具(ぐ)・一挺(ちょう)
  • 兜:一刎(はね)
  • 釜:一口(く)
  • 乾麺:一把(わ)
  • 川:一条(じょう)・一筋(すじ)
  • 生糸:一梱(こり)
  • 銀行:一行(こう)
  • 草花:一株(かぶ・しゅ)・一本 束は一束(たば)
  • グラウンド:一面(めん)
  • 鍬(くわ):一挺(ちょう)
  • 琴:一張(はり・ちょう)・一面(めん)
  • 昆布:一連(れん)
  • 地蔵:一尊(そん)
  • 数珠:一連(れん)
  • 大砲:一門(もん)
  • 箪笥(たんす):一棹(さお)
  • 人力車:一挺(ちょう)
  • すだれ:一張(ちょう)
  • すべり台:一基(き)・一台(だい)
  • 蝶:一頭(とう)
  • たらこ:一腹(はら)
  • だんご:一串(くし)
  • 砥石(といし):一挺(ちょう)
  • トランペット:一本
  • 海苔:一帖(じょう)10枚で
  • 袴(はかま):一具(ぐ)・一腰(こし)
  • 花:一輪(りん)
  • ピラミッド:一基(き)
  • 仏像:一躯(く)・一体(たい)
  • 宝石:一顆(か)・一粒(つぶ)
  • 墓石:一基(き)
  • 枕:一基(き)・一個
  • まな板:一丁(ちょう)
  • 目薬:一点(さし)
  • 物語:一話(わ)
  • 山:一座(ざ)
  • 鎧:一領(りょう)
  • ロケット:一発などなど、どのくらい読めましたか

ところで、手袋の単位は何でしょうか
あまり話の中に出てきませんね。

手袋・片方

左右違った組み合わせですからセットで
数えるのが基本です。

数え方の単位は「・そう」を使います
なるほど、ちょうどペアのような字で分
かりやすいですね。

手袋の右手用と左手用をそろえてひとつ
とし「一双」と呼びます。

双という漢字を ”漢字/漢和/語源辞典” で
紐解くと双の旧字は、 です。

 の象形文字は、「隹+隹+又(手)
となり、ずんぐりした鳥がいて右手で取る
ことを意味しています

二つ揃って一組としてあらわされるものに
・つい」があります。

例えば、夫婦茶わんや竹馬などになります。

なじみがあるのは「」ですか、「二つ以上
を合わせてひとまとまりにしたもの」という
意味で、「2個一組」「夫婦一組」などと使
われます。

手袋でも軍手は左右が同じです。
双」「組」でも呼び方は間違いありません

また、親指だけが離れていて他は一緒になっ
ている手袋で「ミトン」があります。

特別な呼び方はなく手袋と一緒で「双」です

どれも間違えではないので、難しく考えるの
はやめましょう。

ただ、単位も古くからの言い回しや伝統的な
日本語のこだわりもあります、状態や環境な
どを表す言葉でもありますので少しは覚えて
大切に使い分けていきましょう。

参考:Top-bizWikipedia

関連記事

2021年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31