しっかり目を開けて夢を見よう

桃の節句 上巳の日 雛祭り

「桃の節句」の季節

・ハマグリの旬は冬から春先にかけて
その美味しさは古くから庶民に愛され
戸の蛤鍋・はまなべ、大阪の酢蛤・すは
まぐり、桑名の焼蛤・やきはまぐりとい
った名物を生んでいる。

うるおいが行きわたるのを、待ち構えて
いたかのように、眠りについていた草木
が静かにゆっくりと目を覚ましてくる季
節です。

そんな中、「桃の節句」が訪れるわけな
んですが、旧暦とのズレがあるため実際
に野に桃の花が咲くのはもう少し先にな
ります。


桃の節句

元々は祓(はらえ)の行事で五節句のひ
とつ「上巳(じょうし)の節句」といい
3月3日に行われる。

中国では桃の木は病魔や厄災をよせつけ
ない邪気を祓う不老長寿の仙木とされ、
親しまれている。

この日に川で身を清める習慣がありました

 

お雛様

それが、平安時代に日本に伝わり、草や紙
藁で作った「形代・かたしろ」に自分の厄
災を移す習わしを生んだ。

また、貴族階級の女の子の間ではじまった
ひいな遊び」という人形遊びが、海や川
に人形を流して邪気をお祓いをする「流し
」の習慣となった。

やがて、「雛人形」の姿に定着をした。

江戸時代に「上巳の節句」が五節句の
ひとつに定められると5月5日は男の子
の節句、3月3日は女の子の節句となり
桃の節句」「雛祭り」として定着した

 

五節句

  • 人日(じんじつ)正月7日 「七草の節句」
  • 上巳(じょうし)3月3日 「桃の節句」
  • 端午(たんご)5月5日  「勝負の節句」
  • 七夕(しちせき)7月7日 「笹の節句」
  • 重陽(ちょうよう)9月9日 「菊の節句」

 

雛祭り」には食べ物をいただいたり、縁起
の良いものを用意します。


雛祭り

  • ひしもち
    女の子の厄除け・清浄・厄病除けの効果で、
    健やかな成長を願っています。
  • ひなあられ
    ひし餅を砕いて焼いたものが「ひなあられ」
    の発祥と言われている
  • ちらし寿司
    海老:長寿できますように
    れんこん:見通しのいい人生
    豆:健康でまめに働けるようにを願う
    などの思いが込められている。
  • はまぐりのお吸い物
    はまぐりは対の貝殻しか合わないため、
    生涯一人の相手と結ばれて仲睦まじく
    過ごせるようにと願います。
  • 白酒(しろざけ)
    邪気を祓い、長寿の願いがこめれれて
    いる。

雛人形

雛人形は江戸時代初期は内裏の対だけ
だったようです。


雛人形

その後、江戸中期になると段飾りがあ
らわれるようになり、三人官女などの
人形や道具類なども増えてきた。

庶民の間でも行われるようになり宮中
行事にもなっていて、幕府の大奥でも
おこなわれていたらしく、豪華さを競
うようになっていたようです。

雛人形には、娘の厄を引き受ける役目
があるため災いがふりかからず、美し
く成長して幸せな人生を送れるように
という願いが込められているそうです

桃の節句を通して、子供が健康でスク
スクとけがれなく成長して欲しいもの
です。

子供の幸せを家族・親戚一同で願って
お祝いをしましょう。

参考:気になる話題じゃらんTOKYO GAS

関連記事

2021年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28