68万回の「ありがとう」言った

「ありがとう」を言った

こいつは怪しいやつと思われていただろう

街の中でも、車の中でも、もちろん家の
中でも風呂の湯船ににつかりながらも言
ってました「ありがとう」。


ありがとう

声を出して言いますがそこはTPOで道路
を歩いているときは小さい声だったり、
一人で車を運転しているときなどは大き
な声で「ありがとう」といいます。

これは、小林正観著の「ありがとうの神
様」「そ・わ・かの法則」に書いてあっ
たことを実践してみたのです。

ありがとう」という言葉をただ単純に
声に出していうのです。

年齢×10,000回 です。
僕はその時68歳でしたから、680,000回
ありがとう」を言いました。

2016年6月1日から始め
2018年4月22日までの
22か月22日間でした。

ルールは日常、「不平不満、愚痴、文句、
悪口、泣き言」を言ってはいけない

もし、言った場合は今まで言った「ありが
とう」のカウントした回数は0に戻ってし
まいます。

そのときの対処は、言ってしまった10秒の
間にその言葉を取り消せばいいのです。

これだけのルールです。

が、この「不平不満、愚痴、文句、悪口、泣き
」を結構言ってしまうのです。

 

ありがとう」という言葉を日本語の語源
辞典で調べてみると語源は「在り難し」か
ら来ています。

存在しないこと、めったにないことではなく
「あり得ないこと」「存在し得ないこと」
そう呼んだそうです。

神や仏が何か「あり得ないこと」「存在し得
ないこと」を起こしてくれた時に使った言葉
なんです。

「有り難い」「有り難し」「ありがとう」と
いう言葉は神や仏をほめたたえる言葉として
存在したのです。

人に対して使われるようになったのは室町時
代以降のことだそうです。

ありがとう」の語源は仏教の由来と言われ、
お釈迦様の話された「盲亀浮木・もうきふぼく
のたとえに出てきます。


お釈迦様

「盲亀浮木」のたとえ

そなたは人間に生まれたことをどれくらい喜んでいるのか

 ある時、お釈迦様が阿難というお弟子に、

 「そなたは人間に生まれたことをどのように 思っているか」
と尋ねられました。

 「大変喜んでおります」 と阿難尊者が答えると、
 お釈迦様は次のよう な話をされています。

 今日、盲亀浮木の譬えといわれているお話で す。

 「果てしなく広がる海の底に、目の見えない亀がいる。
 その盲亀が、百年に一度、海面に 顔を出すのだ。

 広い海には一本の丸太棒が浮いている。
丸太 棒の真ん中には小さな穴がある。

 その丸太棒は風のまにまに、西へ東へ、南へ 北へと漂っているのだ。
 阿難よ。百年に一度、浮かび上がるこの亀 が、浮かび上がった拍子に、
 丸太棒の穴にひ ょいと頭を入れることがあると思うか」

 聞かれた阿難は驚いて、
 「お釈迦様、そんなことはとても考えられません」 と答えると、

 「絶対にないと言い切れるか」  お釈迦様が念を押されると、
 「何億年かける何億年、何兆年かける何兆年 の間には、
 ひょっと頭を入れることがあるかも知れませんが、
無いと言ってもよいくらい難しい ことです」と阿難が答えると、

ところが阿難よ、私たちが人間に生まれる ことは、
この亀が、丸太棒の穴に首を 入れる ことが有るよりも、
難しいことなんだ。
有難 いことなんだよ」 とお釈迦様 は教えられています。

 「有難い」とは「有ることが難しい」という ことで、
めったにないことを言いま す。

 人間に生まれることは、それほど喜ばねば ならないことだと、
お釈迦様は教えられているのです。

引用:岡本一志

このことが「ありがとう」の語源です。

ところが、喜んでいるどころか、なんで
生まれてきたのだろう。

人間に生まれさえしなければ、こんな
に苦しまなくてよかったのに、と恨んで
いる人さえおります。

人身(じんしん)受け難し、今已に受く
生まれ難い人間に生まれてよかった」と
いう 、「よくぞ人間に生まれたものぞ」と
生命の大歓喜が起きるのです。


よくぞ人間に生まれたものぞ

全世界の昆虫の数は百京とも言われてます
人間は百億にも満たないです。
人間に生まれる確率は昆虫の一憶分の一です

人間に生まれることが、どんなに困難であり
また、有難いことなのかがわかりますね

 

小林正観さんは「宇宙の法則」として

「神様」は「その人が好きな言葉を」を認識し
「その人がまた言いたくなる」ように働きかけ
ているだけです。

と言ってます。
それならば、「うれしい、楽しい、幸せ、愛してる
大好き、ありがとう、ついてる」という喜びの言葉
を口にしたほうがだんぜん ”” になりますね。

ありがとう」を言うだけで「神様」が味方になって
くれます。

たくさん言って幸せになりましょう。

 

参考:「ありがとうの神様」「そ・わ・か・の法則」小林正観著
晴れめでぃぁ