渡り鳥の迷わず遠距離渡りの謎にせまる

渡り鳥と留鳥とは

日本で見られる野鳥の多くは、季節によって移動しています。
移動する距離は、山地と平地、北海道と本州、日本と海外など様々ですが、
日本と海外とを移動するものを「渡り鳥」と呼んでいます

引用:環境省

定期的に渡り(季節に応じて遠距離を
移動する行動のこと)
をする鳥のこと


渡り鳥

その逆に、渡り鳥に対して1年を通じて
同一の地域やその周辺で繁殖も含めた生
活を行う鳥を「留鳥」という。

渡り鳥の不思議なことは、こんな遠距離
をどうやって方角がわかるのだろう。

なぜそんな危険をおかしてまでわざわざ
飛んでくるのか謎がおおいですね。

 

地球は北半球と南半球では季節が反対
なるので、北半球が夏だと南半球は冬で
すね。

そこで子供を産んだり育てたりや環境を
考えて移動しているのかなと考えていま
した。

少し調べてみましょう。

 

夏鳥・冬鳥・旅鳥

日本を基準とした呼び方があります

  • 夏鳥:
    繁殖のために日本より南方から渡ってきて
    夏を日本で過ごし、繁殖期が終わると再び
    越冬のために南に渡って行く鳥
    つばめ、アマサギ、オオルリ、クロツグミ
    ハチクマ、サシバなど。


    ツバメ

     

  • 冬鳥:
    越冬のために日本より北方から渡ってきて
    冬を日本で過ごし、冬が終わると再び繁殖
    のために北に渡って行く鳥
    ツグミ、ジョウビタキ、ユリカモメ、マガモ
    オオハクチョウ、マナヅル、オオワシなど。
  • 旅鳥
    日本より北で繁殖し、日本より南で越冬する
    ため、渡りの移動の途中に日本を通過して行
    く鳥
    移動時期である春と秋に見られる。
    シギ、チドリの仲間に多い。
  • 漂鳥:ひょうちょう
    渡り鳥と留鳥の中間的な存在で、夏は山地
    冬は平地といったような、長距離ではない
    ものの季節に応じて移動する鳥

    また、同じ種類でも地域によって移動したり、し
    なかったりする。ヒヨドリ、モズなど。

「渡り」という行動の謎

なぜ「渡り」をするのかは、いまだに解明
されていない。

下記のようなことが考えられている

  • 食べ物(エサ)が多くなる場所に移動
  • 天敵の少ない環境で飼育をするため
  • 北より南のほうが食べ物が豊富
  • 自分の体重で距離が変わる
  • 渡ったほうが食べ物や競争相手など得が多い

 

究極の渡り鳥は、キョクアジサシ?


キョクアジサシ

キョクアジサシのキョクは北極、南極の
」ことです。

北極けんと南極けんを行き来している。
夏に北極で子育てして、冬に南極に移動
する。
その距離はなんと、約32000㎞です。

アジサシの寿命は約30年、なので南極と
北極を往復の64000㎞をかけたら、すご
い数字になる。

これこそ「キョク」究極ですね。

 

ヨーロッパアマツバメ

ヨーロッパアマツバメは、10カ月も地上に
下りずに飛び続けた記録がある。

ヨーロッパからアフリカに渡り、また北へ
帰ってくる。


ヨーロッパアマツバメ

飛びながらエサを食べたり水を飲んだりする

特徴は、「半球睡眠」といって半分寝ながら
飛ぶことができる。

これは、イルカやクジラもそのようで、翼を
広げたまま飛ぶ滑空型の鳥なら半球睡眠でも
おかしくはないとのこと。

 

方角を間違えないのは

遠距離でも方角を間違えないのはなぜでしょう

段階説があります。
まず大まかに太陽や星座の位置によって数百㌔
を飛び

次に地球の磁気に反応する、生まれながらの
体内の方位磁針で目的地の近くまでやってくる

そして、地形や環境の記憶をたよりに目やにお
いで確認して目的地に到着する。

この段階説もほとんど解明されていない。

世界には鳥が1万種類いると言われています。
日本だけでも600種以上の野鳥が観察されて
います。

渡り」を知って、野鳥のさえずりや、綺麗で
時には優雅な飛翔する姿を観察するのも楽しそ
うですね。

 

参考:コトバンク環境省ネイチャーエンジニアHONDAKIDS