しっかり目を開けて夢を見よう

ヒトがSNSに夢中になるのはネズミがエサをもらう行動原理が同じ

SNSに夢中

全世界の40億人の人たちが毎日数時間
SNSに時間を費やしているといわれて
いる

 

SNS

 

あらためて考えるとSNSに費やしている
時間は気にしていないが、たぶん2~3
時間は使っていると思う。

Facebook、Twitter、Instagramといった
プラットフォームに夢中になる人々の姿は
何かに取り憑かれているかのようで依存症
にも例えられてきた。

何がそこまで追い詰められたように彼らを
夢中にさせるのか、最新の研究によると、
動物の報酬予測と同じ心理メカニズムが働
いているという。

報酬とはエサのことで、動物はその報酬を
もらえるように自主的に行動するようにな
る。

同じようにSNSにはまる人は「いいね」の
数に反応して投稿を繰り返すとのことです

 

Nature Communications』(2月26日付)
に掲載された研究では、動物の報酬予測行


SNS

で人間のSNSの流行を分析し説明
できないかどうか検証されている。

 

「報酬予測」とは、

ヒトを含む動物が、特定の情報から将来の報酬を予測することである。(中略)
動物の脳では、報酬を予測する刺激の価値・報酬をもたらす行動の価値・
報酬への期待のそれぞれを反映した神経活動が報告されており、
これらの活動はドーパミンニューロンの活動を学習信号として
調整されると考えられている。

引用:報酬予測

簡単にいうと、特定の情報から将来
”報酬”を予測する
こと。

オランダ、アムステルダム大学をはじめと
するグループは、SNSの利用者4000人が
寄せた100万を超える投稿を分析した。

分析の結果、できるだけおおくの「いいね
をもらえるように彼らは投稿をしている

いいね」の数が多いと、それに反応して
投稿が多くなるし、少ないと投稿は減って
いく。

このようなパターンは、コンピュータモデ
ルによる分析で「オペラント条件付け」と
呼ばれる心理メカニズムとよく似ている
判明したそうです。

「オペラント条件付け」とは

動物(ヒトを含む)が自発した反応の直後に報酬など特定の刺激を
与えることで、その反応が生起する頻度を変化させる実験手続きであり、
アメリカの心理学者スキナー(B.F. Skinner)が考案した条件づけの手法である。
動物にさまざまな行動課題を訓練するための方法として広く活用されている。

引用:オペラント条件付け

SNSの場合、報酬をできるだけたくさん
得られるよう振る舞うネズミの行動に、
非常に近いことが示唆されている。

 


いいね

「いいね」の数が条件付けとなり動物の行動原理をくすぐる

「この結果は、SNSの利用がオペラント反応というさまざまな
種に見られる基本的
な行動原理に則ったものであることを証明
しています」

と研究グループのデビッド・アモディオ教授は説明する。

 

今回の研究結果だけが原因ではないと
思うけど、SNSにそこまで夢中になる
のは、「いいね」が動物の本能的な
行動原理を刺激するということです。

知らぬ間にだんだんと意識づけされて
体が勝手に「いいね」に反応して投稿
を繰り返しているのです。

冷静に振り返ると確かに「いいね」に
振り回されていることがありますね。

 

 

参考:カラパイア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

2021年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031