飛脚 あらよっと! ナンバ走りだ!

飛脚

飛脚と言えば、宅急便の佐川急便の
飛脚マークが浮かびます。

飛脚は当初はほとんど公用として
りました。

中世の京を中心に(うまや)が設け
られ、使者が駅に備えられた駅馬を乗
りついでいた。


駅馬

鎌倉時代には、鎌倉飛脚・六波羅飛脚
(かまくらひきゃく)が整備された。

室町時代になると京都御所と鎌倉府を
結ぶ「関東飛脚」が設けられた。

戦国時代は各地に領国の要所に関所が
設けられたため領国間にまたがる通信
は困難を極めた

江戸時代に入り、日本橋を起点とした
東海道、甲州街道、中山道、日光街道
奥州街道の五街道ができ、宿場なども
整備された

この交通の基盤が確立されたことによ
り、飛脚による輸送・通信通信制度が
整えられた

江戸の飛脚は馬と駆け足を使って公儀
の他、大名や武家・町人なども利用し
飛脚屋・飛脚問屋などの制度も発達し
当時の主要な通信手段の一役を担って
きた。

飛脚が運んだものは、信書だけでなく
小荷物や金銀までも運んだ。

飛脚の種類には
継飛脚
幕府の老中など偉い人のみが使える
重要公文書を運ぶ飛脚です。

二人一組で一人の送付が御用と書いた
長柄の高張提灯を持ち、もう一人の走
夫が小葛籠に御用の札を附したものを
肩に担いで輸送した。


飛脚
  • 大名飛脚
    大名飛脚は江戸と国許の間を結んだ飛脚で、
    尾張藩 や紀州藩が整備した「七里飛脚」が
    知られている。
  • 町飛脚:郵便制度
    町飛脚は、1663年(寛文3年)当初東海道の
    江戸・京都・大坂三都で行われ、その後には
    上州高崎や新潟など各地で展開し営業範囲を
    広げていった。
    また、五街道の主要都市だけでなく主要都
    から各地方にも町飛脚が普及した
    江戸町飛脚は、江戸町内に限定して行われた
    飛脚であり、風鈴を鳴らして書状を届けたちりんちりんの町飛脚と呼ばれていた。
  • 通飛脚(とおしびきゃく):
    出発地点から目的地まで通して一人で運ぶ
    飛脚
    などがあった。

各宿場には、継飛脚が置かれていて、
リレー形式でひたすら走り続けていた

江戸で出した手紙は人力の走りだけで
最短3日で京都に届いた

江戸から京都までは約500㎞もありま
す。

いくらリレー形式といえども、コンク
リートがひかれているわけでない、ご
つごつの道を突っ走るってすごいこと
ですね。

もし、その人たちが現代の駅伝に出たら
どうなるんだろうかと、想像してしまい
ますね。みんな山の神になるだろうな。

走るときのスタイルは

  • 上半身もろ肌脱いで、足に脚絆を装着
  • 股引きのようなパッチを1枚だけはいて
  • ふんどし一丁の時もだったようです。

飛脚走り

飛脚走りは別名「ナンバ走り」ともいい
右手と右脚、左手と左脚を同時に出す
走り方です。


ナンバ走り

江戸時代の飛脚の走り方といわれています

残念ながらその「ナンバ走り」は現代には
伝わっていません。

また、映像や資料もなくホントかどうか
証明できない伝説の走法となっています

江戸~京坂 当時のシステム

  • 「並便り」
    最低料金だが日数の保証はない
    片道約30日を要した
  • 「十日限」(とおかぎり):
    所要十日
  • 「六日限」:所要六日
  • 「正六」「定六」:
    定飛脚で江戸ー上方を6日で走る定期便
  • 「四日限仕立飛脚」
    火急の書状、料金4両を要したと説明されています。

現代の飛脚さんたちも、毎日荷物があるか
顔を出してくれて朝から晩までよくはたら
いてますね。

おかげで、荷物を運ぶことがなくなり
働く時間も短縮されてます。

あらためて、感謝したいと思います。

参考:Wikipediajapaaan