ミクロネシアの伝統航海術「星の歌」

 

ミクロネシア連邦

オセアニアの海洋部の分類のひとつに
カロリン諸島など4つの群島から構成さ
れるミクロネシア連邦がある。

そのミクロネシアの原住民の間に受け
継がれている伝統航海術の星の航海術
があります。

星の航海術は地図やコンパスを使わず
人間に備わっている野性的な力を最大
限に引き出しシンプルで力強い方法
のです。


ミクロネシアの伝統的カヌー

ミクロネシアはギリシャ語のミクロス
(小さい)ネソス(島)から「小さな
島々」という意味です。

その名の通り島が点在していて最大の
島がグアム島になります。

ミクロネシアの航海者たちは島と島の
位置が描かれた地図を歌にして覚え
す。

その歌のことを「星の歌」と呼び長い
ものだと1時間以上の歌があるといい
ます。

星の歌」なんてとてもロマンチック
な名称ですね。

大海原に星を頼りに身体一つで歩き
けることができますね。

コンパスは夜空になりますね。

円周上に32の星を配置した「スター
コンパス」を頭の中に描き、それと
夜空の星たちを照らし合わせてチェ
ックしながら方角を知り進みます。


スターコンパス

宇宙からの星の光を自分の身体の中
で解釈して進む方角を見極めること
ができるのです。

なんと素晴らしい技術ではないですか

僕は気が小さいので冒険はできませんが
代わりに写真家(僕は冒険家と思ってい
ます)の石川直樹氏の本にのめり込んで
一緒に旅をします。

石川直樹氏は中学生の頃からアルバイト
をしては一人旅をしてテントと寝袋片手
に国内をひたすら歩いたそうです。

今回の話も石川直樹氏のミクロネシア連
邦のヤップ島に行き熟練の航海者の弟子
入りして経験したことです。

熟練航海士はマウ・ビアイルグといい
近代計器を一切使わず伝統航海術で数々
大航海を成功させているひとです。

1976年にはハワイからタヒチへ向かう
実験航海にナビゲーターとして参加し
1ヵ月かけて、双胴カヌーを導き一躍
その名をとどろかしました

マウによる講義内容はすべてサタワル語
で行われ同じ弟子に助けてもらいながら
そのサタワル語を必死に覚える努力もし
たのです。

初日の講義は、基本中の基本の「スター
コンパス」です。

自分の乗っている舟を中心に、円を描く
ようにして32の方位とその位置に出没す
る星を記憶します。


星座

文字をもたないサタワルの人たちは抜群
の記憶力です

が、日ごろから文字を頼りにしてると書
き写すだけで精一杯で、とにかく毎晩遅
くまで星の名前を暗唱するのに必死だっ
た。

ノートに文字が埋まって覚えなくてはい
けないことは山ほどになりました。

マウに弟子入りした日から1ヵ月が経ち
航海術の基本はひと通り教わり一時帰国
しました。

再び、サタワル島への航海のために訪れ
マウと弟子たちが2年の歳月をかけて作
った全長6mの小さなカヌーで総勢10人
のクルーが乗り込んで出発した。


シングルアウトリガーカヌー

極限の航海

この静かな船出とは裏腹に、これからの
航海に厳しい試練が待ち受けようとは、
誰もが知る由もなかった。

マウはナビゲータだけがいることを許さ
れる小さな屋根の下に潜り込んだ。

風がよけれれば 4,5日でサタワル島に
着く」とマウは言っていた。

出港後、カヌーは風をうけて順調に進ん
でいました。

しかし、途中で風が止まってしまい帆を
たたんで停滞する状態になりました。

5日目を過ぎて飲み水がなくなってしま
いました

積み込んだ水の量は島の人々の特有な
おおらかで決めていたので、しかたあ
りません。

こうなると、みんなが精神的に追うつめ
られてしまいました。

どうしようもなく、ただ、風が吹くのを
祈るばかりです。

ライムをかじったり小さなシートに時々
降る雨をためてなんとかノドの渇きをこ
らえていました。

カヌーは遅々として進まず、照り付ける
太陽に痛いほど肌を焼き湿気を含んだ重
い風で体中いつも潮まみれです。

とうとう同乗の一人のクルーが「舟が見
える」とか「あそこに島がある」などと
うわごとを言うようになり、なぜ着かな
いのかと騒ぎ始めました。

不安と厳しい生活に耐えかねたのか、その
男は何か叫びながら海に飛び込みました。

何をしていいかわからず「これから一体
どうなるんだろう」と考えました。

男は自殺を図ったようで、カヌーから離
れようと必死でした。

仲間が飛び込み船からはロープを投げ、
なんとか船の中に引き上げました。

この一件で、航海術が本当のものなのか
という懐疑心や不安が増し冷静を装いな
がらも胸の奥がざわめいています

 

希望の島

帆をあげてから9日目、かすかな点が鋼鉄
のような海の先に見えたのです。


希望の島

全身から力がみなぎり、視界の中に陸が
あるということがどれだけ嬉しく、人の
心を心を落ち着かせてくれるかと初めて
思いました。

海図のうえでもごまつぶほどの島と島を
結びつけてしまうというマウの奇跡に立
ち会い、伝承されてきた航海術が今も生
き続けていることを僕の目で確かめるこ
とができました。

自分の中にある島を見失なわないように
すれば、きっと風は吹く。

マウは言います
心の中に島が見えるか」と。

 

参考:「いま生きているという冒険」・石川直樹著