心の歌「東京だよおっ母さん」

東京だョおっ母さん

東京だよおっ母さん」を久しぶりに
聞きました。

1957(昭和32年)年、島倉千代子が
歌って大ヒットをした。

作曲:船村徹
作詞:野村俊夫

田舎から上京してきた母親の手を引き
「♫ 久しぶりに手を引いて ♪♬」
東京見物に案内する。

皇居の二重橋を見て記念写真を撮り、
九段坂を登り靖国神社で戦死した兄さ
んを偲び、東京一のスポットの浅草
足を延ばして観音様をお参りする。


二重橋

この歌は戦争で命を失った死者の魂を
鎮める東京巡礼の歌とも言われた。

戦前の家庭には、神棚仏壇があり、
天皇、皇后両陛下の真影が掲げられて
いた。

二番の歌詞の「♫ 桜の下 」は靖国神
社のことを指している。

まさに神仏習合の日本人の心と天皇制
を唄っているように聞こえます。

東京都内定期観光のはとバスでは、初
代コロンビア・ローズの「東京のバス
ガール」とともに、ガイドが乗客に披
露する歌にもなっている。


はとバス

しかし不思議に思えるのは、映画にも
なり150万枚もの大ヒットしたこの曲
NHK紅白歌合戦では1度も取り上げ
てはくれなかった

『東京だョおっ母さん』

久しぶりに 手を引いて
親子で歩ける 嬉しさに
小さい頃が 浮かんで来ますよ
おっ母さん
ここが ここが 二重橋
記念の写真を とりましょうね

やさしかった 兄さんが
田舎の話を 聞きたいと
桜の下で さぞかし待つだろ
おっ母さん
あれが あれが 九段坂
逢ったらなくでしょ
兄さんも

さあさ着いた 着きました
達者で長生き するように
お参りしましょう
観音様です おっ母さん
ここが ここが 浅草よ
お祭りみたいに 賑やかね

皇居前広場の左手奥の、皇居正門前
濠(ほり)にアーチ形の石橋がかかっ
ている。
その奥に見える美しい鉄橋が二重橋です

戦時中の小学校の教科書では「目の前に
おがむ二重橋」などと紹介されている。

白馬にまたがって二重橋に現れた昭和天
を、群集が万歳奉唱で迎えたりした。

戦後開催された天皇誕生日の一般参賀が
行われ、二重橋の通行が許され、庶民に
身近なものとなった。

何かと問題定義される靖国神社は俗歌の
ラッパ節」で、兵士が散って靖国神社
の桜に生まれ変わることが歌われている


靖国神社

多くの軍人たちが「靖国の桜の下で逢おう
といって、仲間に別れを告げ戦場へと赴いた

全国から多くの遺族が、バスや参拝列
車を仕立てて団体で訪れた。

ここを訪れる遺族は「参拝」というよ
り、死者の「みたま」に会いに来た
いわれる。

浅草寺は、1400年近い歴史をもつ観
音霊場である。

古く飛鳥時代の628年、推古天皇36年
3月18日の早朝、隅田川のほとりに住
む檜前浜成・竹成兄弟が漁をしている
最中、投網の中に一躰の観音様の像を
発見した。

尊像を持ち帰った兄弟はやがて私宅を
寺に改め、観音さまの礼拝供養に生涯
を捧げた。

東京大空襲で焼失した本堂や歓楽街は
急ピッチで復興した。


浅草・雷門

江戸時代から続く見世物小屋などが集
められ戦前から大衆芸能の一大中心地
となった

若い人たちは、この歌さえも知らない
人が多いのかもしれません。

僕の母親は「昔の浅草は歩けないほど
人が多かった」とロック街のことを話
していました。

久しぶりに聞く「東京だョおっ母さん」
は何とも言えない日本の心の歌です。

参考:Wikipedia、読売新聞