「カゲロウの命」は儚く尊い

カゲロウとは

カゲロウの命」と言う言葉は、人の
命の一生のはかなさをたとえた言葉
す。

カゲロウは節足動物門、昆虫綱・カゲ
ロウ目(蜉蝣目)Ephemeropteraに
属する昆虫の総称です。


カゲロウ

カゲロウはトンボにそっくりの昆虫
すが、トンボのように颯爽と飛んだり
することはできない。

飛ぶ力は弱く風に舞うかのように空中
を飛ぶ。

日本語のカゲロウは空気がゆらゆらと
揺らめいてぼんやり見える「陽炎・か
げろう」に由来するといわれている。

ゆらゆらと飛ぶようすが、陽炎のよう
に見えたからという説もある。

いずれにしても、カゲロウの飛ぶ様子
からも弱々しい虫で成虫の命のはかな
イメージがある。

そんなことから、弱々しい虫は成虫に
なって一日で死んでしまうことから、
はかなく短い命」の象徴として、
かげろうの命」という言葉が作られ
ている。

日本以外でもか弱くはかないものの
代表として扱われてきた。

学名(Ephemeroptera)自体が1日
の命という意味と「翅・はね」という
意味のラテン語から作られた造語です

ドイツ語でも Eintagsfliegen一日飛
)と言い、いわゆる一発屋の意味に
も用いられる。

このようにカゲロウは、幼虫→亜成虫
→成虫という半変態と呼ばれる特殊な
変態をし、成虫は軟弱長い尾をもち
寿命が短い。

カゲロウの成虫は確かに数時間で死ん
でしまう短い命です。

カゲロウの幼虫は、水の中で何年間も
過ごします

2~3年と考えられていてセミ(セミの
幼虫は7年間土の中で過ごす)と同じよ
うに幼虫で過ごす時間が長いのです。


ふ化したセミ

カゲロウの幼虫はすべて水中で生活
多くは川の流域で生息している。

そのため、渓流釣りの餌として、よく
利用され、「フライ・フィッシング
疑似餌・毛鉤のモデルとしてもよく
利用されている。

前述のようにカゲロウは半変態であり
普通の昆虫は幼虫が羽化して翅をもち
成虫になる。

が、カゲロウは幼虫から羽化しても、
成虫になりきれず「亜成虫」という
成虫の前段階になる。

その後、脱皮をして成虫となる

3億年前から生息しているといわれる
カゲロウは地球上で、初めて翅をもち
空中を飛んだ昆虫ではないかと推察さ
れている。

現在も姿かたちを変えずに生息してる
のはすごいの一言ですね。

まるで、生きた化石と言っても過言で
はないと思います。

カゲロウは亜成虫から成虫に羽化する
ときは、日が傾き薄暗くなってから始
まります。

これは、天敵である鳥から逃れるため
の行為です。

成虫になったカゲロウは、実は餌を獲
ることはないのです。

ではなくて、餌を獲る事ができない
です。

餌を食べる口が退化してないのです。

成虫のカゲロウにとって、餌を食べて
生きながらえるより子孫を残すことが
大切なことなのです。

考えれば、成虫になりゆらゆらと飛ん
でいては、天敵から逃げることは不可
能です。

ましてや、身を守る術があるわけでは
ないのです。


カゲロウ

そんなカゲロウが半端ではない大きな
大きな群れを作ります。

夕方に羽化して成虫となり大発生して
空中に舞うカゲロウは、まるで紙吹雪
のようになるのです。

日本でも、オオシロカゲロウが大発生
して、交通マヒを起こすことさえある
のです。

夕方に羽化して大発生し、その群れを
狙っている天敵がいます。

コウモリです。


コウモリ

御馳走を前にしてコウモリたちは次々
カゲロウを捕食する。

しかし、大きな大きな群れを食べ尽く
すことはできません。

このカゲロウたちの作戦は天敵から身
を守る最高の作戦だったのです。

もちろん、食われるものもいます。

生き残りをかけた群れで、生き残った
カゲロウたちがオスとメスが出会い、
交尾をするのです

しかも、寿命は極端に短く許される時
間は限度があります。

そして、交尾を終えるとオスたちは、
その生涯を終えます

メスたちは時間との戦いの中で、川の
水の中に卵を産まなければならない
です。

しかし、無事に川面にたどり着いても
魚たちが、格好の餌として待ち構えて
いるのです

ここでも、ある物は食われ、ある物は
生き残る。

運よく生き残ったメスたちは、卵を産
み落とし、卵は静かに水の底にたどり
着きます。

そして、見届けたかのようにメスのカ
ゲロウの命は消えていきます

3億年の長い歴史の中で進化してきた
ものは、絶対的に子孫を残すことであ
り、天寿を全うしているのです

それにしても、何というはかない生物
なのだろうか、「はかない命」は壮絶
な生き方でもあるようだ。

参考:Wikipedia、生き物の死にざま(稲垣栄洋著)