国の文化の違いを合わせる感覚

文化や感覚の違い

人々の感覚や行動の違いは長い歴史を
持つ世界の国々の地域の文化の違い
と思います。

またもっと細かく言えば、地方地方の
慣習が根差した文化のことです。

あなたはエレベーターに乗って向きを
変えるときに、どこを見ますか。

たいがいは、エレベータ内にある閉・
ボタンがある階数の表示板をみるこ
とが多いと思います。


エレベーター内のボタン

これは、ヒトと目を合わせないように
するための行為だと思います。

もしくは、足元に目を落とすこともあ
りますね。

欧米の白人の人たちは、アイコンタク
トを重視する民族なので、知らない人
と目が合うと軽く微笑んだり、あいさ
つを交わしたりします

逆に目をそらす行為は、その人物が他
者の心や人格への配慮を欠いている
というしるしになる。

コミュニケーションの基本になるとい
うことです。

しかし、過度に見つめあうのはにらみ
合うことにつながり緊張を招き決して
良いことではなくなよね。

その場の状況によって異なるが視線と
視線が合ってから、目をそらすまでの
適度のタイミングは3秒前後が自然
されている。

チームで行うスポーツなどではプレー
中に目と目で何らかの合図を送って、
意思の疎通を図る事が多い

特に球技スポーツでは、ボールを持っ
ている選手がボールを持ってない選手
目で合図してパスを送ったり、その
逆でパスを要求したりする


バスケットボール

いずれもお互いが気心がしれ、仲間の
コミュニケーションが洗練されている
ことで、すばらしい連係プレーとなる

ところが個人スポーツの特に武道にお
いては、相手の目を見続けて動きを読
みます。

僕は、空手を習っていたので目が怖い
とよく言われました。

社会人になってあいさつする時にお辞
儀をするときも目をそらさなかった。

これを直すに3年かかりました

武道で黒帯を取った人は、苦労したの
ではないかと思います。

対人コミュニケーションの重要な要因
のひとつとして「時間感覚」もあるよ
うに考えられています。

人類学者のエドワード・ホールはヒト
の「時間の感覚」は

  • モノクロニック(時間に厳しい)」
  • ポリクロニック(時間に寛容)」に区別できるとされます。

これも、アイコンタクトと同じように
国や地域の文化で「時間」に対する考
え方が違うということです。

英語に「fashionably late」という
表現があります。

直訳すると「ファッショナブルに遅い
と出ました。

まあ「かっこよく遅刻する」というこ
とでしょうか。

パーティーなどで意図的に少し遅れて
参加することです。

パーティーをする方は準備に忙しい
早めに行くと失礼に当たる
という感覚です。


時間感覚

試験時間や面談時間を除けば、待ち合
わせ時間ジャストに相手が来なくても
また、自分が間に合わなくてもお互い
に謝ったりすることはないそうだ。

むしろ、待っている(待たせている)
時間を有効に使って、他のこと(読書
したり、仕事のだんどりを考えたり)
楽しむ、余裕ができたと解釈します

まさに、前述した2分類のひとつポリ
クロニック(時間に寛容)です。

このように文化の違いはどこの国で
も、いいとか悪いとかではなくある
ものです。

自分に合わせて欲しいのは、やまや
まですが、難しい問題です。

対人コミュニケーションをよくする
ためにも相手の文化を尊重しこち
らから合わせるように心がけましょう

 

参考:note、自分を変える100の教え(岡田昭人著)