冷や麦、素麺、うどん

冷や麦と素麵

子供の頃は暑くなるとよく冷や麦
食べました。

大きなどんぶりに冷や麦をいれ、皆で
食べるわけですが、その中にピンクの
色の麺が入っていると取り合いでした


冷や麦

その後いつごろからでしょうか、冷や
麦より細めの素麺(そうめん)が主流
となりました。

冷や麦も素麺もうどんと同じように、
小麦粉を練って作られ、太さや長さの
違いがあるが米食の代わりとなる庶民
の食べ物です。

 

うどんと蕎麦

うどんは古くから祝い事に振る舞われ
る「ハレ」の食物として日本全国で食
べられてきた。

よく聞く話では、東京では蕎麦を好む
人が多く、関西ではうどんを好む人が
多いと言いますね。

昔から、江戸グルメと言えば蕎麦

これは江戸時代の末期の風俗を記録し
た随筆にもはっきりと解説として書か
れている。

しかし、江戸時代の前半では京や大阪
の上方と同じように江戸でもうどん屋
が主流で、蕎麦はうどん屋がうどんの
販売のかたわらでそばを売っていた。

現在でも関東地方各地では、うどんが
伝統食品とされていて加須、水沢、桐
生、東村山などは古くからうどんの名
産地として有名です。

江戸時代前半の江戸は関東各地周辺と
ともに、京や大阪と同じような「うど
ん文化圏」だったのです。


うどん

それがいつ頃からでしょうか、うどん
と蕎麦の人気が逆転してしまった。

蕎麦全書」という書物が寛永4年に
刊行されています。

すごい寛永4年は1751年で250年以上
も前に蕎麦の製法や、江戸の蕎麦屋の
実態などが書かれているのです。

きっとその頃は、蕎麦の人気も最高で
しょうし、活況を呈していたことだと
思います。

この頃に江戸で麺類を扱う飲食店の多
くが、うどん屋に代わって蕎麦屋と名
乗り始めた考えられている。

うどん蕎麦屋」といった呼び方が、
あるように江戸時代を通してうどん
食文化は江戸でも市民権を保ってい
のです。

ところで、「日本三大そば」といえば

  • 島根県の「出雲(いずも)そば」
  • 岩手県の「わんこそば」
  • 長野県の「戸隠(とがくし)そば」

が認知度も高くお決まりです。

 

日本3大うどん

では「日本三大うどん」というとこれが
結構難しいのです。

  • 香川県の「讃岐(さぬき)うどん
  • 秋田県の「稲庭(いなにわ)うどんここまではすんなり誰もが認める

    ところです。さて、もう一つの候補が複数あり、
    なかなか甲乙つけがたいようです。


  • 群馬県の「水沢うどん」
  • 長崎県の「五島うどん」
  • 富山県の「氷見うどん」
  • 愛知県の「きしめん」

などがあります。

前述のように、うどんは日本全国で
祝い事にも食されていた

ということは各地で生産され各地に
よって調理法や具材が違うのです。

それぞれが名品ということになります
「〇〇3大」も良いですが、うどんの
ようにこれと決めつけず各自にあった
もので良しとしましょう。

最後にそれぞれの特徴です。

  • 香川県の「讃岐(さぬき)うどん
    うどん県として有名です、コシがあり

    モッチモチの食感が特徴でつゆは「
    リコ」を使う。 


    讃岐うどん
  • 秋田県の「稲庭(いなにわ)うどん
    寛文五年(1665)から作られているうどん。
    手延べの麺は細く、平べったい形状で、
    生地をしっかり熟成する工程を挟むことで
    独自のコシを生み出しています。
     
  • 群馬県の「水沢うどん」
    群馬県・伊香保の名物で、その歴史は伊香保に

    ある水澤寺にて参拝客に手打ちうどんを振る舞
    ったことに始まります。讃岐うどんのようなしっかりとしたコシと弾力
    が特徴で、ざるうどんで食べるのが一般的。 


    水沢うどん
  • 長崎県の「五島うどん」
    中国から伝わったといいう長崎・五島の名物。
    うどんと言うより素麺に近い細さと、つるつる
    した食感が特徴で、「地獄炊き」という、お湯
    で炊きあげたうどんをあごだしのおつゆにつけ
    て食べるのがおすすめです。
     
  • 富山県の「氷見うどん」
    石川県能登で生まれた、輪島素麺の技法「手延べ
    手打ち」を用いて作られている氷見うどん。
    麺はうどんとしては細めですがコシがあり
    喉越しの良さが特徴です。
     
  • 愛知県の「きしめん」
    一般的なうどんに比べて幅が広く、薄い形状が特徴です。
    コシは弱くツルツルっと滑らかに食べられ、茹でると透明感もアップ。
    やわらかながらほどよい弾力も持っていて濃いだし汁が似合います。 

    うどんはバリエーションが豊富ですね
    使用する器もにぎやかです。
     

  • (かけうどん)
  • (うどん鉢など)
  • ざる(ざるうどんなど)
  • (鍋焼きうどん)のほか
  • (うどん桶)
  • たらい(たらいうどん)などがあります。

さらには、カレーうどんまでありますね。


カレーうどん

うんちくはどうあれ、
まずは、おいしくいただきましょう。

参考:Wikipediatripnote