賽銭箱・浄財・喜捨箱と三輪空の教え

賽銭箱

神社やお寺に行くと賽銭箱に「浄財
と書かれていたり「喜捨箱」と書かれ
ていたりしています。


賽銭箱

歴史的に何かあるのかなと調べてみま
した。

まず、賽銭箱という「賽銭」とはどん
なことを指すのか。

「賽銭」とは

祈願成就のお礼参りの際に、「報賽」として神仏に奉った金銭のこと。
金銭が流通する以前は、拝者は(金銭に相当する物として)を神前に撒いたり、
あるいは洗米を紙に包んで奉っていました

引用:大國魂神社

賽銭の「」は「神から福を受けたの
に感謝して祭る」の意味です。

ここでいう、祭る(祀る)は「飲食物
などを供えたりして儀式を行い、神を
招き、慰めたり祈願したりする」こと

やり方としては、お米を神前や仏前に
まく「散米」や、洗った米を紙に包み
供える「おひねり」だった。

中世以降に金銭が供えられるようにな
り、庶民に貨幣経済と社寺への参詣が
広まった時期になります

参詣が一般化し都市の風習として賽銭
をあげることが流行になった。

賽銭箱が置かれたのは近世以降(室町
時代からと言われている)からで地域
によっては長い間、お米が供えられて
いた。

米を奉納していたのは、米には神様の
魂が宿り、邪気払いや魔よけができる
とされていたからです。

この米を水に浸してから奉納する打撒
(うちまき)は、より効果やご利益が
期待できる方法だったようです。

節分の時の豆まきは、この賽米や打撒
きがルーツとされています。


浄財箱

「浄財」の「」は「浄化」や「清浄
という言葉の通り「清める」という意味
があります。

」は、「財産」や「蓄財」「散財
などの言葉の通り「自分の大事なもの
価値のあるもの」を意味します。

上記をまとめると「浄財」は、「きよら
かな金」。利得や報酬を考えないで寄贈
する金銭となります。

喜捨箱」の喜捨は、コトバンクで

喜んで寺社や貧しい人に寄付すること。浄施。施与。寄進。

引用:日本国語大辞典

喜捨箱は寺社だけではなく、いろんな
ところで見かけますね。

 


喜捨箱

喜捨(きしゃ)は、読んで字のごとく
で「喜んで捨てる」ということです。

大事であり大切な身銭を神仏のために
喜んで捨てる(奉納する)ということ
でしょうか。

お布施のことを喜捨とも言います

寺院で生活する人たちは、お檀家の
お布施で支えられています。

布施とは梵語(サンスクリット)で
檀那(旦那)(ダーナ)」といい、
旦那さんやお寺の「檀家」は布施が
語源です。

布施の心がけとして「三輪空(サンリ
ンクウ)」を行いなさいと教えられて
います。

  • 施者が・・・(私が・・)
  • 受者・・・・(誰に・・)
  • 施物・・・・(何々を・)

この「三つの心を忘れるようにしな
さい」という教えです。

これらのことを覚えていると「して
やったのに」という気持ちが芽生え
て、腹立たしくなったり、イライラ
して自分も悩むからです。

このことは、お賽銭の奉納時も同じ
だと思います。

せっかくお参りしたのにとか、お賽
銭も奮発したのにちっとも願い通り
にならないじゃないかと八つ当たり
したりする。

昔から日本人の「施して報いを求めず
受けて恩を忘れず」の精神で、気持ち
よく爽やかに参りましょう。

 

参考:神社・寺 御朱印めぐり.com仏陀のことばWikipedia大國魂神社