しっかり目を開けて夢を見よう

サバ缶は水産缶詰の №1

サバの缶詰№1

2018年(平成30年)にサバの缶詰
各メディアに取り上げられ、たいへん
話題になった。

今や水産缶詰では№1の生産量となっ
てます。

サバの缶詰

なぜこんなに、注目を集め人気を得た
のか

2018年と言えば災害の年でした。

  • 6月は、大阪北部で震度6弱の地震
  • 7月は、西日本で台風7号の影響で集中豪雨
  • 同じく、7月の酷暑が各地を襲った。
  • 9月は、西日本を猛烈な台風21号が最大風速。
    44メートル以上を記録した。
  • 9月に、北海道でM6.7の強い地震で犠牲者が出ている

そのため世相を表す漢字は「」が
選ばれている。

そして、サバの缶詰は2018年の「今年
の一皿」にも選ばれているんです。

2011年(平成23年)の東日本大震災
受け、防災意識が全国で高まりから非常
食を備蓄する動きが活発となった。

缶詰や乾物、フリーズドライ、インスタ
ント麺などに注目を集めた。

その中でも「鯖缶」は、すぐに食べられ
て便利で、おいしい。

しかも鯖のEPA(エイコサペンタエン酸)
DHA(ドコサヘキサエン酸)などの必
須脂肪酸を多く含み健康効果も期待でき
るところから価値を生みだしていった。

おしゃれな家庭料理にアレンジされた
レシピが取り上げられ、日本の魚文化
の素晴らしさを再認識させた。

特に、従来のイメージを払しょくさせ
洗練された「おしゃれ鯖缶」や原料に
こだわりをもった「プレミアム鯖缶
は女性たちの注目も集め、一時は店頭
から姿を消すほどの勢いで社会現象と
なった。

サバ缶ブーム」で、洋風の味付けな
ど様々なサバ缶が発売されるだけでな
くサバそのものにも人気が波及してい
て、最近では、サバ料理専門店やサバ
料理専用の日本酒などが出現している


サバ

これをきっかけに魚の食文化の見直し
がされるといいと思いますね。

水産庁の調べによると食用魚介類の消
費量は平成13年(2001年)度をピー
クに減少傾向で1人年間40.2kgの消費
が平成29年(2017年)度には24.4
㎏までに落ち込みました。

手ごろな価格」で「調理に手間をか
けずに手軽に食べたい」「からだに健
康に良いものを食べたい」とニーズの
あったサバ缶やイワシ缶など水産缶詰
に期待されてます。

 

からだに良い水産物

水産物は健康に良いことはいろんな研
究で明らかになっています。

前述のDHA(ドコサヘキサエン酸)や
EPA(エイコサペンタエン酸)は胎児
子供の脳の発育に重要な役割を果た
すことが分かっています

妊娠中にDHAやEPA等のn-3系多価不飽和脂肪酸を
摂取した妊婦から生まれた子供の知能指数は、摂取
しなかった子供に比べ高くなるといわれています。

また、DHAを添加した人工乳を生後まもない乳児に
摂取させることで、網膜や視神経の発達が促され、
発達指数や知能指数を上昇させるといわれています。

他にも、すい臓がん、肝臓がんや男性の糖尿病の予防
肥満の抑制、心臓や大動脈疾患リスクの低減等、様々な
効果があることが明らかにされています。

カルシウムを摂取する際、カルシウムの吸収を促進する
ビタミンDを多く含むサケ・マス類やイワシ類などを合わせて
摂取することで骨を丈夫にする効果が高まります。

また、ビタミンDは筋力を高める効果もあります。
小魚を丸ごと食べ、水産物も摂取することにより、カルシウムと
ビタミンDの双方が摂取され、骨密度の低下や筋肉量の減少等の
老化防止にも効果があると考えられます。

引用:水産庁

 

「魚の国しあわせ」プロジェクト

最近、スーパーに並んでいる「赤魚の
粕漬け」を見て、驚きました。

そのままラップに数個の穴をあけ、レ
ンジにいれてチンするだけと書いて
ありました。

購入はしませんでしたが、これが水産
関係者と官民協同の取り組みとして、
平成24年(2012年)に開始された
魚の国のしあわせ」プロジェクトの
一環です。

魚食の普及を目的に活動し、手軽・気軽
においしく食べられるようにすることも
魚食普及の1つです。

電子レンジで温めるだけだったり、フラ
イパンで炒めるだけだったりと、ひと手
間加えるだけで手軽においしく食べられ
ような商品及びその食べ方を選定する
ファストフィッシュ」の取組も行われ
ています。

これまでに3千を超える商品が「ファスト
フィッシュ」として選定され、スーパーマ
ーケットやコンビニエンスストアなどで販
売されています。

引用:水産庁


魚の国しあわせプロジェクト

しかし、農林水産省によると、水産物の
生産量は417万5000トンと、前の年に
比べて2万1000トン、率にして0.5%減
少している。2年連続減少です。

引用:農林水産省

潮流や水温の変化などによる海洋環境の
変化が要因とされている

水産物は、優れた栄養特性と機能性を持つ
食品であり、様々な魚介類や海藻類をバラ
ンス良く摂取することにより、健康の維持
・増進が期待されます。

サバ缶ブームをきっかけにして健康のため
にもおおいに魚文化を拡大したいものです
ね。

 

参考:水産庁NHK

関連記事

2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930