しっかり目を開けて夢を見よう

ピンクの刑務所の効果

「いろいろな色」

色々(いろいろと)の語源はです

もともとは「色彩の種類が多い」こ
とを意味してたが、色が混ざると他
の色に変化することから、次第に
種類が多い」「数が多い」ことを
色々」で表現するようになったと
いわれています。

あたりまえですが、毎日、色を見て
ますね。


色のある風景

通勤時の町並みや電車内から見える
風景、日常使っている道具や着てい
る服など生活のなかには様々な色が
あります。

普段は、ほとんど心理的効果は意識
していないのですが色の持つパワー
は大きく影響するようです。

それこそいろいろな色があるわけで
すが、今回はピンく色に焦点を絞っ
てみます。

というのも、何かの記事で刑務所の
壁をピンクに塗り、囚人服や靴まで
もピンクに統一したというものです

これが頭から離れないんです。

失礼ながら想像すると面白いですよね
だって、囚人のイメージはでっかくて
怖い顔した猛者ばかり。

TVで映し出されるのは横じまの囚人服
です。

その、猛者たちがピンクの可愛らしい
(かどうかわからないけど)囚人服や
靴に身を包み独房に入っているんです
よ。

まるで、漫画や映画のなかの話だと思
うわけです。

その刑務所はピンク色が受刑者たちの
攻撃を抑制する効果があるとしてスイ
スやドイツ、アメリカなど複数の国の
刑務所の独房に採用されている。


ピンクの刑務所

あたりまえのように、受刑者たちには
屈辱的」と不評です。

 

「ベーカー・ミラーピンク」

これは、1979年にアレキサンダー・シ
ャウス博士がシアトルの海軍矯正施設で
実験を行った。

色と生理的・心理的反応について研究
ていたシャウス博士は海軍矯正施設で、
最初、男性被験者に、明るいピンク色
ポスターを両腕いっぱいに抱えて眺めて
もらうという実験をした。

実験結果は、青色のポスターを持たせた
時とは違い被験者の筋肉弛緩が見られた

同施設の独房を明るいピンク色で塗装
たところ、囚人たちの攻撃性が減少した


ショッキングピンク

シャウス博士からその報告を聞いた海軍
将校ジーン・ベーカーとロン・ミラーは
囚人の行動に劇的な変化をもたらしたそ
のピンク色を「ベーカーミラーピンク
と呼ぶようになった。

ピンクは人を和ませ、優しい気持ちにし
てくれる色です。

そのため、人に非常に良い印象を与える
色です。

人の興奮や攻撃性を弱める効果があるこ
とからの発想です。

「クールダウンピンク」

ベーカー・ミラーピンクはやや明るめ
なピンクで、その後の実験を重ねてい
る。

2011年にスイスの心理学者ダニエラ・
スペース博士が少し淡いピンク色を使っ
て実験をしたところ、より大きな効果が
あることがわかった。

これが「クールダウンピンク」と呼ばれ
る色です。


クールダウンピンク

2013年にはスイスの30ほどの刑務所内
独房にこのクールダウンピンクを適用

壁一面が穏やかな淡いピンク色になった

すると、ピンクの独房内の受刑者らは、
通常の独房の受刑者と比べて4年以上に
わたり攻撃性が著しく少ないと報告さ
れている。

スペース博士は、クールダウンピンクに
自信をを持ち「通常、受刑者をピンクの
独房に2時間入れると、怒りのレベルは
わずか15分で減少する」とほかでも活用
するように提案している。

刑務所以外にも「ドランクタンク」と呼
ばれる警察内の留置場で活用され、効果
絶大と評価は高い。

ピンクは親しみやすい色ですので、何に
でも採用しやすい色です。

またショッキングピンクは、Web上でも
っとも目をひく色ともいわれており、目
立たせたいときに有効です。

そいえば、病院の看護婦さんが薄いピン
クを採用していますね。

今回は刑務所とピンクという記事になり
ました。

色のことをもう少し学んで心理効果を活
用できるようにしましょう。

 

参考:カラパイアbeehaveビズサプリtrans

関連記事

2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930