しっかり目を開けて夢を見よう

冷蔵庫の食品ロスを解消ワイヤレスカメラとアプリ

「食品廃棄物」

毎年、2月の「恵方巻」シーズンや
クリスマスシーズンのケーキで問題
視される大量の食糧廃棄物が話題に
なります。


恵方巻

環境省によると「食品ロス」は年間
600万トンと推計発表されてます

残念ながら、食糧廃棄大国・日本
汚名はぬぐえないままです。

消費者からは問題意識の声があがる
ものの、企業には届きづらいのか毎
年、同じことを繰り返している。

 

優れものの「スマートカメラ」

そんな中、イギリスから個人で冷蔵
庫の中身を管理するにはもってこい
の「スマートカメラ」が発売されて
ます。

FridgeCam」という名のカメラセ
ンサーのことです。

冷蔵庫は保存するのにとても便利で
あることは間違いありません。

しかし、何をいれたか、また、残っ
ているのか消費期限は大丈夫かと
思いつつ、つい腐らせてしまったこ
とはありませんか。

これらを解消するのが「FridgeCam
なのです。

私たちは1日に冷蔵庫を開け閉めする
回数は平均20回で、冷蔵庫のドアが
閉まるたびに自動で撮影を行い食料
品のデータを取得します。

ロンドンにある企業の「Smarter」が
開発した世界初のどんな冷蔵庫にも設
置できる世界初のワイヤレス小型カメ
です。


冷蔵庫の中

独自のトラッキング技術で、このカメ
ラは冷蔵庫の中に入っている食料品を
識別できるよう時間をかけて学習しま

  • このカメラを設置しアプリを利用して
    スマートホンに連動させ、ユーザーが
    外出してもどこからでも冷蔵庫の中身
    を確認ができます
  • 食品の消費期限が近づけば自動で通知
    をしてくれる優れものです。
  • また、冷蔵庫の中にある食料で作れる
    レシピの提案もしてくれます
  • しかも、アプリがGPS機能を持ってい
    てユーザーが地元のスーパーマーケッ
    トの近くを通りかかるのを感知すれば
    なくなりかけている品物を買い足すた
    めのリマインダーリストまで送ってく
    れるという仕組みです。

ユーザーはいつでもアプリを通じて、
冷蔵庫内の食品リストを細かく確認・
管理することができるのです。

この革新的な食料トラッキングテクノ
ロジーで、Smarter社は一家庭につき
最大、半分は今までの廃棄ロスを削減
できると言ってます。

本体の価格は99ポンド(日本円では約
15,300円)なので、お手軽です。

スマート冷蔵庫を買い替えるとなると
多額な出費になるけどこれなら納得で
すね。


冷蔵庫ワイヤレスカメラ

「FridgeCam」は、自動車会社のTesla
の開発手法を参考にしています。

各世帯の食料品廃棄データを収集し食品
製造企業へ取得してデータを転売するこ
とで生産量の最適化を目指してます。

Smarterの創業者で最高経営責任者でも
あるLane氏は「FridgeCamによって、
食料廃棄が減るだけではなく、消費者は
より賢く効率的に買い物ができるように
なる」と語っている。

どうしても買い置きをしたりダブっ
たりして食品を腐らせてしまうこと
もたびたびです。

もっと注意しなければいけませんね。

食糧廃棄大国の汚名挽回のためにも
ひとりひとりが気をつけましょう。

ところで輸入はされるのでしょうか
日本での開発が待たれます。

 

参考:BRIDGEsmarterIDEAS FOR GOOD

 

 

関連記事

2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930