しっかり目を開けて夢を見よう

「うだつが上がらない」の語源はなんと・・

「うだつ」とは

建築用語で本来は「」と書き室町時代には「卯建」「宇立」と書かれる
ようになった。

本来は梁(はり)の上に立てる小さい柱のことを言った。

その後、自分の家と隣の家との間の屋根に張り出すように設けられている
ものも、うだつと呼ぶようになった。

隣家からの火事が燃え移るのを防ぐための防火壁です。

また、瓦などの屋根材が風で飛ばないように壁で風を押さえる
屋根の保護・強化壁でもあった。

それがのちに装飾的な意味に重点がおかれるようになり豪商らが
自分の財力をアピールするようになった

商家の屋根上には互いに競い合って立派なうだつがつけられた。

江戸初期からは、盛んにつくられるようになった。

引用:Wikipedia、江戸(デアゴスティーニ発行)


うだつ

うだつの種類

  • 本うだつ:いわゆるうだつ
    屋根に走る2本の子屋根が特徴
    家の片方の軒裏を廃して、塗り
    壁を立てる。
  • 袖うだつ
    隣家との間の屋根の上などに壁
    を下から立ち上げたもので、軒
    まではつながっていない。
    瓦などで装飾をする。

うだつが上がらない

それぞれ、設置するにはそれなりに
費用がかかり、裕福な家に設けられ
ることが多かった

うだつを上げるためには、それなりの
出費が必要だったことから「生活や地
位が向上しない」「状態が今ひとつ良
くない」「見栄えがしない」という意
味の慣用句「うだつが上がらない」と
いうことの語源になっている。

 

今に残るうだつの街なみ

うだつのある街並みは少なくなってい
ますが、調べてみると、その姿が

  • 徳島県美馬市脇町(みましわきまち)江戸中期より、一世一代の
    夢をかけ藍に沸き、繭に栄えた商いの町・脇町。屋根は本瓦葺で、2階の窓は防火に重
    点を置いた「虫籠窓・むしこまど」と
    なっているのが特徴。


虫籠窓

2階の屋根の両端にしっくい塗りの
うだつ」がある。

  • 岐阜県美濃市(みのし)
    美濃和紙を基幹として栄えた商人の町です。長良川左岸の小倉山城の築城にあわせて
    造られた城下町は、二筋の大通りを中核
    とした「うだつの上がる町並み」として
    重要伝統的建造物群保存地区に選定され
    ています。現在も残る江戸・明治期に造られた豪商の民家は、
    大部分が紙商にかかわっていました。
    しかし、火災に弱いという一面を持っていました。

    そのため防火対策の一環として、屋根にうだつを
    上げるようになりましたが、次第に富の象徴とし
    て豪華なうだつが競って上げられるようになりま
    した。

    現在も、町内には18棟ものうだつを上げている家
    が残されています。

  • 徳島県美馬郡つるぎ町
    明治時代初期に完成した町屋文化の町並みでもある
    二層のうだつが特徴的で、これを備えた風格ある住宅
    が何軒も続いている


    二層のうだつ

    前面には寿福を祈念する絵模様である鏝絵(こてえ)
    が装飾されている。


    うだつ・こて絵

    現在は明治時代頃のものを中心として
    江戸中期~昭和初期の85棟の伝統的建
    造物が建ち並んでおり、近世・近代の
    景観がそのまま残されています。

関連記事

2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031