しっかり目を開けて夢を見よう

ちやほやは江戸時代の短縮語

ちやほやされる

可愛さあまり、蝶よ花よと甘やかして
育てられ「あの子はいつもちやほやさ
れてるね~」とささやかれている。

 

「蝶よ花」よとは

古事ことわざ辞典によると

蝶よ花よとは、親が子供をこの上なく可愛がり、大切に育てるさま。

蝶よ花よ」は、蝶も花も可憐で美しく
いつくしむものであることから。

男の子にも使うが、主に女の子に対し
て使う言葉でです。

  • 平安時代には「蝶や花や」といい
  • 江戸時代には「花や蝶や」といい
  • 明治時代には「蝶よ花よ」と変化して「蝶や花や」の言葉が縮まり「ちやほや」に
    なったというのが一般的な説とされる。


    蝶よ花よ

語源とされる「花や蝶や」は平安時代に
さかのぼり、関白藤原道隆の娘、定子が
中宮(日本の天皇の妻たちの呼称)とな
った。

仕えたのは、かの有名な清少納言で、
その定子の聡明(そうめい)ぶりを
枕草子」に詳しく記述されている

「枕草子」に記されている藤原定子の
歌が「みな人の 花や蝶やと いそぐ日
も わが心をば 君を知りける」です。

世間の人がみな、花や蝶やといそぐ
日も あなただけは私の本心を知ってく
れているのですね。


枕草子

他の歌にも
うらやまし花や蝶やといふめれど
皮虫くさき世をもみるかな

(うらやましいわ。世間は花よ蝶よ
楽しんでいるけれど、わたしたちは毛
虫くさい日々を送っているのだから)
という歌があります。

いつの世も「よいしょ」して、おだて
て機嫌をとることは日常的にあったの
でしょう。

恋愛や仕事の場面で、ちやほやされて
いる人を見ると、「ずるい」と思いま
すね。

嫉妬する反面、私もあのようになりた
いなと思うこともあるはずです。

ちやほやされる」ということは、
大切にされる」ということです

ちやほやする側は、相手に気に入られ
たいと思う気持ちからです。

ちやほやされる人の特徴は

  • 素直
    知ったかぶりしたり、キャラを演じたり
    しない、しっかりした態度の誠実さ
  • 笑顔
    笑顔を絶やさない人は愛嬌があるものです


    笑顔

  • 平等
    いつも変わらず、人を分け隔てしない
  • 危なっかしい
    完璧主義ではなくどこか危険なところが
    たまらない
  • 自然の仕草
    きどらず、少しあまえた仕草がかわいい
  • お手入れ上手
    やはり、肌や髪、化粧、スタイルを気に
    して、いつあっても小綺麗な人
  • 自分らしさ
    流行を追うということでなく、自分の
    センスを身につけ注目をされる

などでしょうか。

自分で気をつけることのポイントを
みつけて磨いて「ちやほや」と愛さ
れる人になるようにしましょう。

 

参考:Fragments古事ことわざ辞典ことばオンライン、季語ものしり事典(新海均編)

関連記事

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930