しっかり目を開けて夢を見よう

日本の伝統文化・包む(tsutsumu)

「包む」の第一人者

アートディレクターの岡 秀行(おか・
ひでゆき) 1905-1995は、326 人の図案
家を結集した全国商業美術家連盟(ACA)
を設立するなど、特に独立系の図案家の
職能と地位の確立を目指した。

一方で、日本の伝統パッケージの収集と
研究をはじめ、1964 年に全国商 業美術
家連盟(ACA)の第 1 回企画展として
伝統パッケージを展示。

その後、写真集『日本 の伝統パッケ
ージ
』(美術出版社、1965 年)や、
』(毎日新聞社、1972 年)を
出版した。  

「伝統パッケージ」という言葉を生み
ニューヨークをかわきりに「包む・
TSUTSUMU」展を世界巡回
し、10年で
28ヶ国に開催をした。

日本人にとって「包む」ということは
単なる造形の美しさや、単なる高機能
を求めるための装飾ではない。

日本人にとっての「包む」は、日本の
伝統文化であり、縄文時代以降、数千
年にわたって実用性と芸術と信仰の3
つの要素がからみあいながら発達して
きた
といわれている。

真っ白な紙に包まれた「折形」からは
まだ誰にも使われていない清浄さを感
とれます。

折型の歴史

「折型・おりがた」とは

六百年以上の歴史を持つ武家社会の礼法の一つで、
和紙を使い進物を包んで手渡すやり方と、
儀式に使う和紙の飾りを総称する呼称です。
上級武家のみが使用していた特別な和紙を
目的別に使い分ける日本独自の文化
です。

引用:山根折型礼法教室

無駄のない造形の「たまごつと」には
自然の高機能とそれを見出した人間の
感覚を想い馳せます

「たまごつと」とは

先人達が、物のない時代に貴重なたまごを安全に運ぶ入れ物として、
材料の豊富な藁を使い、「卵つと」という専用のケースを作りました

引用:山田ガーデンファーム
たまごつと

一枚の風呂敷からは水のような柔軟性
を感じとれます。

風呂敷



日本人にとって包みは自然への尊敬
知恵の集合体であり、神との対話であ
り、見えない意識をかよわせて、相手
とより一層深くつながるための言葉で
もあります

  • たまごつと」:
    貴重な卵を保護し、運搬と保存を簡単にした
  • 米俵」:
    重い米の運搬の負担を軽減した
  • 」:
    円柱をころころ転がして運搬できる
米俵

など、いずれも身近な自然素材を知恵
を使って、食物などを機能的に包み込
むことで、合理的に潤いのある食文化
を手に入れてきた

信仰としての包み

また、まっさらで汚れのない「」に
神聖」を見出し、包む行為そのもの
にも神秘を見出してきました。

  • お守り」:
    小さな袋や箱にご利益のあるお札を
    包んで身につける
  • おひねり」:
    洗米や金銭を白い紙に包み神社や寺
    に供えたり、ひいきの歌舞伎役者に
    投げたりする
  • 流し雛」:
    桃の節句などで、精神の依り代とし
    ての包み
流し雛

などです。

貴族社会や武家社会での礼儀

お祝い・お悔やみ・季節の挨拶といった
改まった贈り物では、内容に応じて包み
方を変えることで、相手に「礼儀」を示
した。

  • 水引」:
    神様との結界であるしめ縄から生まれ
    贈答品の包み紙や封筒などを飾る帯紐
    で、赤白・金銀・赤金・白黒・黄白な
    どの色があります。
  • 折り形」:
    中身によって紙の折り方を変える。
  • のし」:
    薄く切った干しあわびを添えて永遠性を祈る
紅白の水引

古く貴族社会や武家社会で整えられた
礼儀」の約束事が、現代の生活まで
うけつがれている。

日本伝統の礼儀作法が現代の社会でも
残って使われているとは、まさに日本
文化の伝統ですね。

使う事がうれしくなってきます。

参考:Japan house目黒区美術館Fashion press山根折型礼法教室

 

 

関連記事

コンテンツ

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930