しっかり目を開けて夢を見よう

自己開発は「ジョハリの窓」

ジョハリの窓(Johari Window)

心理学者のジョセフ・ルフトとハリー
・インガムが提唱した、自己分析に使
用する心理学モデル
の一つです。

自分が知っている自分の姿と他人が知
っている自分の情報を分析し「4つの
」に分類し理解することで他人との
コミュニケーションを円滑にするのが
ジョハリの窓」です。

  1. 開放の窓」自分も他人も知っている自分の性質
  2. 盲点の窓」自分は気がついていないが他人は知っている性質
  3. 秘密の窓」自分は知っているが、他人は気づいていない性質
  4. 未知の窓」自分も他人も知らない性質

自分を知るということは自分を成長さ
せる
意味でもとても重要なことです。

自己開発をする方法として「ジョハリ
の窓」はとても有効
です。

自分による自分の分析結果」と
他人から見た自分の分析結果」を
統合して該当する窓にはめていく
とで完成させます。

この理論では「開放の窓」(自分も他
人も知っている特性)を広げ、「未知
の窓
」(自分も他人も知らない特性)
を狭めていくことが良いとされている

すなわち、自分をさらけ出すことで、
人間関係が良好なものになっていくと
考えられている。

自分から開示する」→「相手も開示する
ということを繰り返すことによって相互理解
が進み円滑になっていく。

これは、初対面の人とはできません

お互いに信頼のおけるメンバーで実施するの
が望ましい。

自分の心の中の「盲点」や「秘密」の領域が
大きくなってしまうと、対人関係のコミュニ
ケーションの「窓」をとざすこと
になります

心の窓」を大きく開き「自分を隠さない
ことから始め自分のありのままの姿を見せる
ことが大事です。

そして、自分の心の「盲点」を知るようにす
るわけですが、なかなか自分一人では難しい
ことで、自分で気づくことができればで苦労
はしないわけです。

盲点の窓

ここのところは、家族や親友などから「他人
が知っている自分
」のフィードバックをもら
い「盲点の窓」を埋めていきます。

そして最後は「未知の世界」になります。

自分も他人も知らない、気づいていない自分
です。

新しいことに挑戦することで気がつく、また
新たに開発されていく可能性があります。

自分も他人も知らないことですから、誰でも
が持っていることです。

それだからこそ、この空間の中に新しい自分を
見つけるための努力が必要です

自己開示は信頼できる相手と内容をよく理解し
てから行うようにしてください。

出てきた結果を受け入れ、自己開発に利用でき
れば、ビジネスにおいても能力開発になり、人
間関係においても効果を発揮するでしょう。

さあ、心の窓を開こう

参考:オックスフォードの自分を変える100の教え(岡田昭人著)
   LIGHTWORKS

関連記事

コンテンツ

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31